東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

TRPカードの失効について

2017年04月10日 | メキシコの労務

こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの濱咲克心です。

今週はTRPカードの失効について記載します。

 

質問)

現在日本に滞在していますが、メキシコに5年間滞在し、すでにTRPカードを取得しています。今後メキシコでの勤務も検討したいのですが、TRPには期限がありますか。またメキシコに何日以上滞在しなければ失効してしまうなどの決まりはあるのでしょうか。

 

 

回答)

現行のルールでは通常TRPに期限はなく、メキシコでの滞在日数のルールもありませんので、特別な事由がない限り、一度TRPカードを取得すれば失効されることはないと考えられます。

なお、特別な事由とは、書類等の虚偽の情報を提供した場合や国家の安全を危険にさらすような重大な犯罪で有罪判決を受けた場合などとなります。(移民法第64条)

 

但し、未成年の場合やTRPを取得した背景によっては、上記と異なる場合がございますので、個別に確認されることをお勧め致します。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近の治安について | トップ | メキシコ失業率の推移について »
最近の画像もっと見る

あわせて読む