東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

RFCの登録情報について②

2017年09月25日 | メキシコの法務

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週も先週に引続きメキシコのRFCの登録情報について記載します。

 

 

質問)

 RFCに登録されている会社の事業目的が、会社の定款に記載されている内容と異なります

設立を依頼したコンサルティング会社に問合せたのですが、「異なっていても問題ない」という回答しか得られませんでした。 なぜ、問題ないのでしょうか。

 

回答)

 RFCに記載されている事業目的は、必ずしも定款のものと一致しません。

理由は、RFC情報に記載されている事業目的は、メキシコ税務当局(SAT)が区分けしたカテゴリーから選ぶ必要があるためです。そのため、RFCを取得する際には、定款に記載された内容を基に、それに近い業務を選んで事業目的を登録することになるからです。


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 固定資産の取り扱いについて | トップ | 個人住まいの家賃の会計処理... »
最近の画像もっと見る

メキシコの法務」カテゴリの最新記事