東京コンサルティンググループ・マレーシアブログ

毎週月曜日更新
東京コンサルティンググループ・マレーシア駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

~給与前貸しの上限額について~

2016-06-20 10:34:30 | マレーシア労務

  お世話になっております。東京コンサルティングファームの藤井でございます。

Q  従業員が給与の前借りをしたいと伝えてきており、何ヶ月分かを貸し、毎月の給与から引いていこうと考えていますが、何か注意しておくことはありますでしょうか。

A  労働法では、基本1ヶ月分の給与の前借りしか認めていません。ただし、下記理由に基づくものであれば、上限を設けなくても良いとされております。

  1. 家や車を買う場合。
  2. 家族の医療費を支払う場合。
  3. 教育費を支払う場合。
  4. 労働局が認めたもの

また、最大限注意しておくものは、やはり書面にてどのように給与から天引きをするのか、退職した場合には残額の全額返金を義務付けるなどの項目を決め、従業員の署名をもらい、同意を取ることを忘れてはいけません。もし書面が残っていな場合、未払い額が残っていた場合にもめます。

 

ご不明な点がございましたら、気兼ねなくご連絡くださいませ。

Tokyo Consulting Firm Sdn. Bhd.

Managing Director

藤井 大輔 (ふじい だいすけ)

TEL: +603-2092-9547 / E-MAIL: fujii.daisuke@tokyoconsultinggroup.com

Mob: +60-11-3568-4629

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残業代過剰支払分の控除について | トップ | 給与前貸しに利子はつけられ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マレーシア労務」カテゴリの最新記事