GGI東京コンサルティンググループ・マレーシアブログ

毎週月曜日更新
東京コンサルティンググループ・マレーシア駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

マレーシアの就労ビザⅢについて

2017-09-18 11:16:24 | マレーシア労務

 皆さん、こんにちは。マレーシア駐在員の相澤です。マレーシアの就労ビザについてご説明いたします。

 

Q 現在、マレーシアに会社を設立しようと考えています。その中で就労ビザのEP(Employment Pass)を取得したいと思っておりますが、どのような手順で行う必要がありますでしょうか。

 

A Ⅰでは各種ライセンスについて、Ⅱでは申請書類について説明いたしました。Ⅲでは、ESDより許可が下りた後の手続きとなります。許可が下りた後は、日本にございますマレーシア大使館に手続きを行う必要がございます。

 

【提出書類】

①パスポート(原本)

・必要残存期間:入国時6ヶ月以上

②パスポートのカラーコピー  

・A4サイズで顔写真ページ

③証明写真 2枚    ・縦5.0㎝x横3.5㎝

・パスポートに使用した写真は避けて下さい。

・3ヵ月以内に撮影されたものをご使用ください。

・大使館の中には撮影機がござません。一番近くは渋谷駅の周辺となります。

④マレーシア入国管理局発行の許可証(原本)とコピー

・移民局より受領するアプルーバルレターとなります。

⑤往復予約済航空券(eチケット)

往路 マレーシア⇒日本

復路 日本⇒マレーシア

⑥申請書(IM47) 原本2部

・申請者によるサインのうえご提出下さい。

・以下からダウンロードが可能です。

http://www.imi.gov.my/images/borang/Visa/Borang%20Permohonan%20Visa.pdf

※両面コピーとなります。

 

【大使館情報】

名称:マレーシア大使館

場所:東京都渋谷区南平台町20−16

URL:http://access-a.net/malaysia/org/official_jp.html

申請時間:9時~12時

受け取り時間:15時~16時

 

上記の必要書類を持参の上、ご本人がご訪問いただけたらと存じます。

なお、申請時間と受け取り時間が異なりますのでご注意ください。

 

申請書類の提出から最短で翌日の受け取りとなりますが、

受け取りの日付につきましては、申請時に窓口より指定があるかと存じます。

 

上記の手続きにより、パスポートに再入国スタンプを押して頂くことができます。

 

次回は、ビザ取得の最終手続きであるマレーシア国内のESDについて紹介させて頂きます。

 

【問い合わせ先】

Tokyo Consulting Firm Sdn. Bhd.

相澤 良昌(Yoshiaki Aizawa)

aizawa.yoshiaki@tokyoconsultinggroup.com

TEL:+603-2092-9547


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 判例 3 | トップ | マレーシアの就労ビザⅣについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マレーシア労務」カテゴリの最新記事