インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

インドネシアの契約書で英語を優先させることが出来るか?

2017年10月10日 10時12分00秒 | インドネシアの法務

言語法31条1項において、インドネシアでは、インドネシア語による契約書作成が義務付けられ、またそれを後押しする最高裁判例も出ていることをご存知の方も多いかと思います。

もっとも、インドネシア語と英語を両方併記した上で、どちらを優先させるか?という点については、言語法や判例によって明確になっているわけではありません。この点は解釈が分かれています。

契約実務では、一般的にインドネシア語を優先させることが多いようです。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源泉税の源泉忘れ | トップ | 企業買収について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの法務」カテゴリの最新記事