インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

インドネシアへの輸出と請求書提出2

2017年11月14日 11時06分40秒 | インドネシアの法務

いつもお世話になっております。東京コンサルティングの早川でございます。今回は、インドネシアの現地企業へ輸出しようとしている企業様からいただいたご質問をご紹介いたします。前回の記事の続きでございます。

 

<ご質問3>

 時間がないので、お客様(商社)が言うように、通関へ提出する請求書に記載する価格は弊社(輸入元)とお客様(商社)間の契約上の価格ではなく、そのお客様(商社)とインドネシア国内のエンドユーザー間の販売価格にしようと思います。この際の問題は何かありますでしょうか。

 

<回答③>

法務担当者の見解

・通関が、他社の輸入品と比べて極端に低い/高い品について

 疑問を持った際には、契約書・請求書等も全て確認されるとのことです

・もし契約書と、通関に提出した請求書の額が異なる際には指摘を受ける、

 または口止め料を要求されるといったことが考えられます

 

税務担当者の見解

・税務局は通関番号を知っています

・通関番号を知っているということは、

 輸入を行った物品・その額・日付などのデータを管理しているシステムにアクセスできるということです

・税務局がImport Taxを計算する際にはそのようなシステムにアクセスする可能性が高く、

 通関に提出した請求書と、税務局にWIKAが申告している内容が食い違えばペナルティが発生するかと存じます

・税務局によるImport Taxの計算がどれだけ頻繁に・確実に行われているのかは不明ですが、

 税務調査を行う際は確実に行われるかと存じます。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インドネシアへの輸出と請求... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの法務」カテゴリの最新記事