インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

VISA延長について

2017年03月28日 16時07分11秒 | インドネシアの税務

 皆さん、こんにちは。インドネシア駐在員の安藤です。

 

お客様から頂いたQ&Aについて、ご紹介いたします。

 

【質問①】

312ビザ(就労VISA)は、期限が来たら毎回更新するものですか?

マルチテントリーVISAとは別になりますか?

マルチエントリーとかKITASは毎回更新してるのですが、312ビザ自体はExpiry date 以降も何も更新したことが無く、今更ながら疑問に思った次第です。

 

【回答①】

312ビザはKITASの新規取得の際に、Telex発行後、在外公館で取得するものなので、

KITASの更新の際には、手続きしないものになります。従い、期限が到来しても放置で問題ございません。

 

念のため、新規取得と更新の手続きの違いを、以下ご連絡致します。

 

【新規】

1、RPTKA(雇用計画書) 約2週間

2、IMTA(ワークパーミット) 約3-4週間 (DPKK 1,200 USD 支払い)

3、Telex(VISA発給許可) 約1週間

4、在外公館(シンガポールや日本等)で312ビザ取得 1-3営業日

5、インドネシア入国

6、KITAS・マルチエントリー取得(パスポートを提出しインドネシア国内イミグレーションへ同席) 約2週間

7、その他警察等への届出 約3-4週間

 

【更新】

1、RPTKA 約2週間

2、IMTA 約3-4週間 (DPKK 1,200 USD 支払い)

3、KITAS・マルチエントリー更新(パスポートを提出しインドネシア国内イミグレーションへ同席) 約2週間

4、その他警察等への届出 約3-4週間

 

【問い合わせ先】

PT. Tokyo Consulting

安藤 麻衣(Ando Mai)

ando.mai@tokyoconsultinggroup.com


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 組織づくり | トップ | 固定資産の減価償却計上について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL