インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

合弁で進出する際に気を付けるポイント

2017年05月16日 17時45分51秒 | インドネシアの法務

合弁で進出する際に気を付けるポイントとして、会社法上認められる権限の違いがあることです。

 

・出資比率の違いによる権限の違い(例)

<普通決議(定足数・議決権:過半数以上)>

役員の選任・解任

配当

役員の報酬決定

増資

<特別決議(定足数・議決権:3分の2以上)>

定款変更

減資

<特殊決議(定足数・議決権:4分の3以上)>

合併

分割

解散

破産申告

 

このうち、特に定款は会社内部のルールともいえるものですから、これを変更できる3分の2は確保しておくのが望ましいでしょう。

 

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネガティブリストとグランド... | トップ | 外国人取締役のVISAについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL