インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

マスターファイル・ローカルファイルのコンテンツについて

2017年04月04日 13時11分08秒 | インドネシアの経営

東京コンサルティングの徳田です。

去る12月末に突如、移転価格文書に関する新たな規制が設けられましたが、そもそも何を作れば良いのか分からない、という問い合わせがよくあります。

今回は、マスターファイル・ローカルファイルの具体的な中身を簡単にまとめます。

 

1.マスターファイル

マスターファイルのコンテンツは、グループ全体の情報が必要となります。

<必要となる情報(例)>

・グループの概要

・グループ全体の組織ストラクチャー

・子会社それぞれの役割

・連結財務諸表 etc

 

2.ローカルファイル

ローカルファイルのコンテンツは、インドネシア法人の情報が主となります。

<必要となる情報(例)>

・個別財務諸表

・関連者間取引のサマリー

・関連者間取引の契約書

・関連者間取引の証憑

・企業概要

・競合情報

・産業状況

・市場動向の概況


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残業時間についての規定 | トップ | 個人のNPWP返還について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL