インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

原価算出法について

2017年05月16日 17時35分35秒 | インドネシアの会計

 皆さん、こんにちは。インドネシア駐在員の安藤です。

 

お客様から頂いたQ&Aについて、ご紹介いたします。

 

【質問①】

インドネシアの在庫取引と直送取引における原価算出法について、教えてください。直送取引についても在庫取引と同様でしょうか?

 

【回答①】

インドネシアでは、原価算出において、先入先出法または、平均法を使用するよう決められております。直送取引も同様の在庫がある場合は、その在庫とで先入先出法または平均法を使用して原価を算出します。。

 

以下、インドネシアの会計基準(PSAK)の条文になります。

 

 

PSAK 14 for Inventory (Revision 2008 paragraph 24) or (Revision 2014 paragraph 25).

 

It is said that for inventory cost, except explain in paragraf 22 (not ordinary interchangeable inventory), must counted using First in First Out (FIFO) method or weighted average method.

 

 

And for inventory costing, must be consistent year by year, as mentioned in the " PSAK - basic framework of preparation of financial statement" to be comparable.

 

Dapat Dibandingkan

39 Pemakai harus dapat memperbandingkan laporan keuangan perusahaan antar periode untuk mengidentifikasi kecenderungan (trend) posisi dan kinerja keuangan. Pemakai juga harus dapat memperbandingkan laporan keuangan antar perusahaan untuk mengevaluasi posisi keuangan, kinerja serta perubahan posisi keuangan secara relatif. Oleh karena itu, pengukuran dan penyajian dampak keuangan dari transaksi dan peristiwa lain yang serupa harus dilakukan secara konsisten untuk perusahaan tersebut, antar periode perusahaan yang sama dan untuk perusahaan yang berbeda.

 

 

【問い合わせ先】

PT. Tokyo Consulting

安藤 麻衣(Ando Mai)

ando.mai@tokyoconsultinggroup.com


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賃金構成・スケールの提出義... | トップ | 株主総会について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL