インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

【在庫は罪庫】

2017年07月11日 09時41分53秒 | インドネシアの経営

こんにちは、TCFインドネシアの徳田です。

今回は、弊社のメンバーファームである、東京税理士法人所属コンサルタント・高橋俊明氏のブログをご紹介致します。

 

【在庫は罪庫】

 

例えば、仕入れ値が500円、売り値が1,000円の商売をしていたとします。

 

1万個の商品を販売したとすると、売上は1,000万円、仕入は500万円となり、儲けは500万円となります。

 

 

これは理想形で、実はこんなことは受注型ビジネスでないとありえません。

 

例えば、2万個の商品が売れると見込んで、2万個の商品を仕入れたとします。 すると、仕入は1,000万円になります。 しかし、実際に売れたのは1万個だとすると、売上は1,000万円となり、儲けは0円になります。

 

 

儲けは0円ですが、会計上では利益は500万円となってしまいます。

 

欠品は絶対に避けなければいけないですが、過剰な在庫を持つことは、儲けを急激に減らしてしまします。 しかも利益が出ているので、税金は発生します。500万円の利益が出ていれば200万円程税金が発生します。儲けは0円だと思っていましたが、実は200万円のマイナスでした。

 

 

これがキャッシュフローです。お金がない中小企業はこのキャッシュフローを重視した経営を行いましょう!

 

 

 

 

 

【ビジョナリーCFOの経営参謀戦略ノート】に興味を持たれた方は、こちらからお気に入り登録を!

http://visionarycfo.jugem.jp/


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退職金の種類と額について | トップ | 資本金の通貨について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの経営」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL