インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週火曜日更新
TCFのインドネシア駐在員より、現地から生の情報を発信し、インドネシア進出をサポートいたします。

宗教大祭日手当(THR)の支給日について

2017年05月09日 17時22分47秒 | インドネシアの労務

早川

 

(ご質問)

 宗教大祭日手当(THR)の支給日について、これまでイスラム教徒の社員しかいなかったため、レバラン前に支給していましたが、キリスト教徒の社員を雇った場合、その社員に関してはレバラン前ではなく、クリスマス前などに変更しなければいけないのでしょうか。

 

(回答)

 労働法(労働大臣例2016年第6号)上、「各労働者の宗教大祭日に応じて支払われる。但し、雇用契約書、会社規則または労働協約に記載されている経営者と労働者との間の合意に基づき別段の定めがある場合は、この限りではない」とございます。

 就業規則に、どの宗教とは明記せず「宗教大祭日前に支給」と記載されている場合、キリスト教徒の方を雇用した際に、覚書または雇用契約上に、レバラン前であることを明記し、理解・同意を頂くことで、レバラン前に統一することができます。または、就業規則そのものを変更するという選択肢もございます。

 実務上、イスラム教徒ではない方のみ別時期に支給するという企業様は少ないかと存じます。

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インドネシア人 | トップ | 賃金構成・スケールの提出義... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドネシアの労務」カテゴリの最新記事