東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

~多様な税率と物価事情~

2017年07月28日 | インドの税務

皆さま、こんにちは。インド大好きバンガロール支店マネージャーの坂本です。

バンガロールへ赴任後間もない方たちの中には、外で食事をした際の請求額に思わず「安くない」と感じられた方も多いのではないでしょうか?

一方、街の小さなお店で買い物をする場合には、流石インドという安さを実感されるかもしれません。

 

それもそのはず、一定の基準を満たす店舗での食事や買い物には、国と地方に対してそれぞれ9%のGSTが加算されるしくみになっているからです。

 

たとえば、ショッピングモールのファーストフード店でマクドナルドのハンバーガーを食べたとしても、

若者に人気のオシャレなレストランでイタリアンに舌鼓を打ったとしても一律18%の課税を免れないのですから、

日本人の感覚からすれば、かけ離れているといっていいでしょう。

 

所得税の累進税率に加え、高額なGSTの適用は他でもない、この巨大な国の所得再分配政策の一環に他なりません。

 

つまり、持てるものから徴収し、持たざるものに恩恵をもたらそうという趣旨なのでしょうが、

選択の余地があるという意味では、我々庶民にとってもフェアといえるのではないでしょうか?

 

インドの食事は、概ね油脂と炭水化物でできていますから、自炊に徹して健康を守り、お財布にも優しい暮らしを選ぼうと思えば選べるのです。

 

日本の消費税が逆進性を持ち、選択の余地が担保されていないのに対して、インドではそれができるのですから、

読者の皆さんには賢明な選択で生活防衛をしていただきたいと思います。

 

日本以上の格差社会であるインドでは、贅沢をしようと思えばどこまでも、そして節約しようと思えば、思わぬ達成感を味わえるはずです。

 

東京コンサルティングファーム

坂本 佳代

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~インドの給与構成について~ | トップ | 外国法人にかかる税務申告に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドの税務」カテゴリの最新記事