東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

~インド会計年度の変更について~

2017年09月22日 | インドの会計

皆さま、こんにちは。

デリーの久野です。

本日は、インド会計年度の変更についてご紹介致します。

 

1867年からインドはイギリスに沿う形で、

会計年度を4月1日~3月31日と定めておりましたが、

近年1月1日~12月31日と変更となる議案が出ています。

 

そもそもなぜ会計年度は4月1日~3月31日だったのか。

イギリスの会計年度に合わせていたからです。

しかし、次期モンスーンの予想、政府の予算案時期、

中国やヨーロッパとの会計年度の違いなど、

様々な理由から、現在モディ首相が変更を提案しています。

 

変更時期は未定ではありますが、

遅かれ早かれ変更となるのではないでしょうか。

今後の動向を追っていきたいところです。

 

弊社では、会計・税務、人事労務、行政の対応まで幅広くサポートを行っております。

個別のご相談等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

東京コンサルティングファーム

久野未稀

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~インドにおける配当について①~ | トップ | ~雇用契約書ついて④~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドの会計」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事