東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

~SVB申請必要書類~

2017年10月06日 | インドの税務

皆さん、こんにちは。

チェンナイ駐在員の中村です。

 

先週は移転価格税制とSVB制度を比較してみました。

今週は実務的にSVB登録申請に必要となる書類を確認したいと思います。

 

①買取授権書

②輸入価格が当局に承認される理由書

③会社の基本定款、附属定款

④輸出入取引に関する契約書

⑤インド準備銀行からの証明書

⑥工業事務局からの証明書

⑦直近3年間の財務諸表

⑧輸入報告書

⑨輸入企業のPANナンバー

⑩輸出入コード

 

※上記書類以外にも関連書類の提出を求められることがあります。

 

なお、質問状の申請書類の中身についてSVBより質問状が届くことがありますが、

実務的に対応は、通関業者(CHA: Custom House Agent)に委託するケースが多く、

通常このCHAは物流会社と接点が多いため、対応の際はインド子会社と取引のある物流業者に相談している会社が多いようです。

なお、インドのCHAは地域ごとに強固なネットワークがあり、CHA同士の顧客の取り合いはタブー視されているので、一度使ったCHAはずっと付き合っていくのが通常とされています。業者選定には慎重に対応せざるを得ないことに留意が必要です。

 

本日は以上です。

 

東京コンサルティングファーム

中村 匠吾

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limitedは、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~輸出業者におけるGST還付請... | トップ | ~就業規則の作成ついて①~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドの税務」カテゴリの最新記事