東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

~小会社について~

2017年06月23日 | インドの法務

皆さん、こんにちは。

チェンナイ駐在員の猪飼です。

 

今週も皆様から寄せられたご質問についてお答えしていきます。

 

Q: インドには、小会社なるものが存在すると聞きましたどのような会社なのでしょうか。

 

A:  小会社とは、公開会社でない会社で、払込済株式資本が500万ルピー以下、又は前年度の売上高が2,000万ルピー以下の会社をいいます。会社は、別途定款に定めることにより、小会社となることができます。しかし、資本金5,000万ルピー超、かつ売上高は2億ルピー超の会社が小会社となることはできません。小会社となった場合には、取締役会の開催が半期に一度で足りることになります。通常の会社は、最低年4回取締役会を開催する必要があるため、若干コンプライアンス業務が軽減されることになります。

 

東京コンサルティングファーム

猪飼 太志

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GST導入前後の販売について | トップ | ~産休法について~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドの法務」カテゴリの最新記事