東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

~TECインディアについて~

2017年05月12日 | インドの投資環境・経済

Tokyo Consulting Firm Private Limited

デリーマネージャー

武田 麻利奈(たけだ まりな)

TEL: +91 9818956431 / E-MAIL: takeda.marina@tokyoconsultinggroup.com

 

皆さん、こんにちは。

 

デリー駐在員の武田です。

 

 さて本日の話題はTECインディアについてです。

 

 2017年の予算案については、すでにお話をしてきましたが、今回はその予算案の意図について、改めて考えてみたいと思います。

 今年度の主題は「インドを変革(Transform)し、活性化(Energies)し、綺麗に(Clean)すること」それぞれの頭文字を取ってTECインディアと呼称しています。ガバナンスの強化と生活の質の改善、若者や社会弱者など多様な社会層の活性化、汚職やブラックマネーの撲滅を目指す旨が示されました。これを達成すべく、農民支援や地方経済の活性化、若者への教育、インフラ整備、デジタル掲載の実現など、10の柱に基づく予算編成が行われる事となりました。

 

また、ジェネリック医薬品推進の為に医薬品、化粧品法を改正、医療機器の新規制の制定、電気・電子製造の推進の為の政策などに74億5,000万ルピーの予算を確保し、インフラ面でも鉄道分野での安全性向上や衛生面の改善、メトロ事業の新たな政策等も発表されました。

 

 様々な面で変革をしていこうという空気があるようですが、実際の所、どれほどの効果が期待でき、どれほど理想の実態に近づくのかは、まだまだ分からない部分が多いと言えます。

 

 

本日は以上です。

 

東京コンサルティングファーム

武田 麻利奈

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limitedは、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~基本定款変更手続について~ | トップ | CSR委員会について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL