東京コンサルティンググループ インド事業ブログ

毎週月曜日更新
インド駐在員から最新情報をお届けします。~グルガオン・バンガロール・チェンナイ・プネ・ムンバイ~

GST申告の猶予期間について

2017年07月07日 | インドの税務

皆様 こんにちは

インドムンバイ駐在員の谷川です。

6月30日(金)の深夜にモディ首相による宣言により、いよいよGSTの施行が始まりましたね。今月から対応に追われている方も多いのではないでしょうか。

 

GST導入後は下記の3つの申告が毎月必要になる事は既に以前のブログでもお伝えしたことと思います。

翌月10日まで・・・仮払GSTの申告(Input Tax Credit)

翌月15日まで・・・仮受GSTの申告

翌月20日まで・・・上記2点の相殺後、実際に納税したGST額の申告

 

さて、7月の取引より適用となる上記の申告ですが、政府は最初の申告に対する2か月の猶予期間を設けました。

最初の申告となる8月10日(7月度に支払った仮払GSTに対する申告)は9月5日(火)までの申告が認められ、9月10日(8月度に支払った仮払GSTに対する申告)は9月20日(水)までの申告が認められます。

しかし、同時にインド財務省のArun Jaitley氏は「9月以降の申告に対しては期日に対して厳しい措置を取る」と述べており、然るべき経理担当者の育成、各取引先のGST登録番号と申告対応状況の把握など、早急な準備を行う必要があると考えます。

 

弊社では、会社毎のインパクト分析や各関係者へのGSTコンサルタントによるセミナー、各書類のレビュー等を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

今週は以上となります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

東京コンサルティングファーム

谷川 千裕

 

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Private Limited, Tokyo Consulting Firm Human Resources Private Limited)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~IFCに係る追加既定について~ | トップ | ~物品、サービスに係るGST税... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インドの税務」カテゴリの最新記事