中国進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週木曜日更新
中国ビジネスの“今”をお伝えします【中国進出支援は東京コンサルティンググループへ】

広告法違反の行政処罰裁量基準について Q&A

2017年09月28日 09時22分40秒 | 中国の法務

こんにちは、中国・上海の三輪常敬です。

 

2015年9月の改正広告法施行以降、当局は積極的に広告法違反を摘発しております。

上海市において、2017年1月に「上海市工商行政管理局による「広告法」違反における行政処罰裁量基準に関する通知」(中国語名:《上海市工商行政管理局关于违反〈广告法〉行政处罚裁量基准》的通知)が公布されました。

本通知では、広告内容等に応じて、①不処罰類型②減軽処罰類型③寛大な処罰類型④厳重な処罰類型に区分し、それぞれの罰金等の範囲を限定しております。

 

① 不処罰類型(第3条)

明らかに軽微かつ初めての違法行為であり、下記に該当する場合:

(一) マスメディアを通じて掲載する広告であって「広告」の文字の表記がないが、消費者が広告であると識別できるもの

(二) 引用内容の合法的根拠があり、広告の中で出典が明示されていないにすぎないもの

(三) 広告の中で特許番号及び特許の種類について明記していないが、合法で有効な特許の保有を証明しているもの

(四) その他審査・認可又は許可を取得しているが、表記がないもの

その他不処罰にすべき状況であるもの

 

② 減軽処罰類型(第4条)

(一) 広告内容が広告法9条(二)の規定に違反し、同時に次の条件に該当する場合:

(1) 記載事項が実際の状況に合致するもの

(2) 使用又は形を変えて使用する国家機関、国家機関の職員の名義又はイメージの内容と販売商品又はサービスとに直接関係がないもの

(3) 党及び国家指導者の名義又はイメージに関わらないもの

(二) 審査・認可された医療、薬品、医療機械、農薬、獣薬、保険食品の広告であって、認可の有効期限を過ぎているが、内容は合法でかつ有効期間経過から3ヶ月未満であるもの

③ その他減軽処罰にすべき状況であるもの

同一当事者が同種の違法行為で既に2回以上行政処罰を受けている場合は減軽処罰を適用しない。

 

③ 寛大な処罰類型(第5条)

(一) 広告主の自身の事業所又はインターネットの自身の媒体上でのみ掲載される広告であって、厳重処罰の状況を含まないもの

(二) 広告法第11条の規定に違反して、広告が使用する引用内容の出典が明示されていないが、引用内容は合法性を備え、有効に証明し、かつ、真実、正確、完全であって、消費者の誤解を引き起こさないもの

(三) 広告法第12条の規定に違反して特許番号及び特許の種類について明記していないが、当事者が合法有効な特許の保有を証明したもの

(四) 広告代理店、広告媒体が広告法第34条の規定に違反したが、同類の違反行為により行政処罰を受けた記録がなく、かつ、その設計、制作、代理、掲載した広告内容に違法な点が発見されていないもの

(五)その他寛大な処罰すべき状況であるもの

 

④ 厳重な処罰類型(第6条)

(一) 広告内容が政治的な問題に関わり、国家、民族の尊厳又は利益を損なうもの

(二) 広告がわいせつ、色情、賭博、迷信の内容を含み、劣悪な社会影響又はその他の厳重な違法効果を引き起こすもの

(三) 広告の違法内容が、未成年又は障害者の心身の健康に損害を引き起こす効果を有するもの

(四) 広告を利用して、他の生産事業者の商品やサービスを貶め、競合に対して重大な損失を引き起こすもの

(五) 広告内容が虚偽であり、消費者の人身、財産の安全に損害をもたらし、又は集団的苦情、告発を引き起こすもの

(六) 広告法第15条1項、第37条の規定に違反する行為

(七) 広告が二つ以上の違法内容(行為)を含むものであり、〈広告法〉の異なる条項規定に違反し、かつ、違法内容(行為)が減軽又は寛大な処罰の事情を含まないもの

(八) 広告代理店、広告媒体が広告内容の照合の法定義務を履行しておらず、かつ、広告内容が違法で、劣悪な社会影響又はその他の厳重な違法効果を引き起こすもの

(九) 当事者が、広告事業活動を委託し若しくは自身でこれに従事し、又は行政調査を受けている過程で、虚偽の証明文書を提供し、虚偽の陳述をし又は証拠材料等を改竄・偽造する行為をし、かつ、広告内容が違法であるもの

(十) 広告審査許可文書を偽造、変造する行為

(十一) その他厳重に処罰すべき事情があるもの

 

本通知9条及び10条に、各処罰類型の具体的な罰金額が明記されております。

 

条項

類型

罰則

55条

厳重な処罰類型

・  広告費用の5倍以上、10倍以下の罰金
・  100万元以上、200万元以下の罰金

寛大な処罰類型

・  広告費用の3倍以上、4倍以下の罰金
・  20万元以上、50万元以下の罰金

減軽処罰類型

・  広告費用の3倍以下の罰金
・  20万元以下の罰金

57条

厳重な処罰類型

・  50万元以上、100万元以下の罰金

寛大な処罰類型

・  20万元以上、30万元以下の罰金

減軽処罰類型

・  20万元以下の罰金

58条

厳重な処罰類型

・  広告費用の3倍以上、5倍以下の罰金
・  20万元以上、100万元以下の罰金

寛大な処罰類型

・  広告費用の1倍以上、2倍以下の罰金
・  10万元以上、15万元以下の罰金

減軽処罰類型

・  広告費用の1倍以下の罰金
・  10万元以下の罰金

59条

厳重な処罰類型

・  5万元以上、10万元以下の罰金

寛大な処罰類型

・  3万元以下の罰金

減軽処罰類型

-

 

 

 

《上海市工商行政管理局关于违反〈广告法〉行政处罚裁量基准》的通知

http://www.sgs.gov.cn/shaic/html/govpub/2017-01-13-0000009a201701120001.html


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広告規制について Q&A | トップ | 国慶節の残業代計算方法について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国の法務」カテゴリの最新記事