中国進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週木曜日更新
中国ビジネスの“今”をお伝えします【中国進出支援は東京コンサルティンググループへ】

台湾子会社の役員の条件について(台湾) Q&A

2016年10月13日 10時00分48秒 | 中国の法務

こんにちは、中国・上海の三輪常敬です。

 

Q,

台湾子会社の規模を縮小して事務機能を残し会社は残す方向で考えております。

縮小で残す場合、役員の最低数と、現地在住の役員を入れなければいけないのかでしょうか。また、法人の登記する所在地はレンタルオフィスのようなところでも大丈夫なのでしょうか。

 

A,

台湾においては、取締役は3名以上必要です(会社法第192条第1項)。

また、居住制限はありません(会社法第195条第1項)。

監査役は、公開会社については最低2人、非公開会社については最低1人必要です(会社法第216条第1項、第2項)。

少なくとも1人は台湾内に居所を持つ必要がありますが、外国企業の場合はこの規定からはずれ、居住制限はありません。外国人投資条例第15条)。

 

また、 登記する所在地はレンタルオフィスでも問題ありません。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 増値税専用発票の発行に関す... | トップ | 「外商投資企業の設立及び変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL