東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

ビジネスモデルを考える際のコツ2つ

2017年12月12日 09時49分51秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは。カンボジアオフィスの公認会計士の熊谷です。今回は、引き続き事業計画を作成する4つのステップのうちの二つ目、「ビジネスモデルを考える」という点を考察していきたいと思います。

 

前回までで、ビジネスモデルを作成するステップをお伝えしました。しかし、実際にビジネスモデルを考案するプロセスは難しいものです。なかなか思いつくものではありません。ですから、今回はそのような考案するのが難しいビジネスモデルを思いつくためのコツのようなものをお伝えしたいと思います。

 

1 事業の生み出す付加価値をとことん考える

 

ビジネスの基本は付加価値の提供です。ですから、私たちが何を価値として提供できるのかをよく考えていく必要があります。ここに着目しないで、いたずらにビジネスモデルを考案しようとしたところで、それは自社に合うビジネスモデルではない可能性が非常に高くなります。

 

2 他社との違いを考える

 

 これもビジネスの基本です。資本主義社会の中、市場は競争市場であるため、他より良いものを提供して始めて、付加価値として認められることも多くあります。自分の会社のアイデンティティがどのようなものなのかをよく考えた時に、優良なビジネスモデルを考案できたという例も良くあります。

 

今週は以上です。

上記の点でご質問ございましたら kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。  

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンボジア企業経営への心得 | トップ | カンボジア企業経営への心得 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの経営」カテゴリの最新記事