東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

カンボジア企業経営への心得

2017年04月25日 15時00分01秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは、カンボジア駐在員の澤柳です。             

さて、今回のテーマは「貢献すべきこと」です。

 

教育水準が低いと言われるカンボジアでは、なおさら日本人スタッフとの前提条件に違いがあり、日本人スタッフがイメージする通りにカンボジア人ス タッフの実行力が上がらないことが問題となりました。

そして、実行力が上がらない理由は、長い間、「貢献すべきこと」は自分以外に決められていたことだとわかりました。

貢 献すべきことは、自ら考えることや悩むことはなく、季節、仕事、家族、住んでいる場所などによって決められています。彼らが考えることは「貢献す べきこと」ではなく、「したいこと」です。

その結果、仕事はやらさせるものになり、自己実現の手段にすぎないと考え、それが正しい考えであるかのように同じ職場の同僚の実行力をも下げるこ とになります。

カ ンボジア人スタッフの実行力を上げるには、まずこの意識を変えなければなりません。彼 らの仕事に対する意識は、何に貢献したいかではなく、何に貢献せよと言われたかでもなく、常に「何に貢献すべきか」でなければなりません。

貢献すべきことに貢献すべきであると、自らの手によって自分の中に規律を作らせることが必要です。

 

澤柳 匠


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私的有限責任会社」 | トップ | 公開有限責任会社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの経営」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL