東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

マイクロファイナンスの金利条件の設定に関する通達

2017年04月11日 13時14分10秒 | カンボジアの投資環境・経済

皆様、こんにちは、カンボジア駐在員の公認会計士の熊谷です。

 

2017年3月13日、カンボジア国立銀行は、マイクロファイナンスにかかる金利に関する発表を行いました。その中には、2017年4月1日以降、マイクロファイナンスの金利の上限を18%とするという内容が定められています。この規定の背景には、高すぎる金利によって、借手を圧迫させることを防ぐことや、より利用しやすいマイクロファイナンスを担保したいということがあると考えられます。2017年4月1日以降、規定がかかる金融機関は年利18%を超えるローンを設定することができなくなります。この規定は、4月1日以降の新規のローン、ローンの再更新に適用されることになります。

 

今週は以上です。

 会計処理で不明点等ございましたら 

kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■カンボジア企業経営への心得 | トップ | カンボジア企業経営への心得 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL