東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

ビジョナリー会計コンサルティング⑦-利益とキャッシュは別者

2017年08月22日 09時54分48秒 | カンボジアの会計

皆様、こんにちは。カンボジアオフィスの公認会計士の熊谷恵佑です。今日は、利益とキャッシュは別物であるという点をお伝えします。損益計算書が指し示す利益と会社に残る現金は連動してないことはご存知でしょうか。連動してないというのは、言い過ぎかもしれませんが、損益計算書が黒字だからといって、必ずしも会社に残る現金が増えているとは限りません。ですから、注意を払う必要があります。なぜならば、会社に現金がなくなって、支払ができない状態になった場合、会社は倒産するからです。ですから、キャッシュフローを重視した経営を行うことが必要です。会計の基本図表である、損益計算書と貸借対照表からはキャッシュの流れをつかむことはできません。ですから、別に独自でキャッシュの流れを把握する必要が出てきます。ビジョナリー会計コンサルティングではその点に関しても、機会があれば、詳しくお伝えしていく予定です。

 

今週は以上です。

上記の点でご質問ございましたら kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。   

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンボジア企業経営への心得 | トップ | カンボジア企業経営への心得 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの会計」カテゴリの最新記事