東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

ビジョナリー会計コンサルティング⑧-会社の引き締め役として

2017年09月05日 09時49分05秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは。カンボジアオフィスの公認会計士の熊谷です。本日は、経営に絡めたお話をさせていただきます。日々経営を行っていると、あまりにも忙しくて、数字を見ている暇などないと思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、数字をチェックしないとやはり、大海原を羅針盤もなく航海している船のようになってしまいますので、やはりしっかりチェックをすることをお勧めします。チェックの方法として一番有効なのは、やはり自分ではなく、第三者にチェックしてもらうことです。第三者は、手を緩めるということはせず、会社の益のためにしっかりと統制を行ってくれます。これが経営を行う上での良いスパイスになるのです。会計のチェックはもちろんですが、内部の統制や成果など、経営にかかわるチェックも第三者に任せるならば、その会社の経営の引き締めという点でとても効果があるように思います。私どもは、会計又は経営において様々な経験や研究を行っておりますので、その事柄を生かして、引き締め役としてぜひ皆様のお力になりたいと考えています。

 

今週は以上です。

上記の点でご質問がございましたら  kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。   

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンボジア企業経営への心得 | トップ | カンボジア企業経営への心得 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの経営」カテゴリの最新記事