東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

ビジネスモデルを考える4つのステップ1

2017年11月28日 09時54分13秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは。カンボジアオフィスの公認会計士の熊谷です。今回は、事業計画を作成する4つのステップのうちの二つ目、「ビジネスモデルを考える」という点を考察していきたいと思います。

 

まず、ビジネスモデルとは何でしょうか。ビジネスモデルは曖昧な概念で、色々な定義があるといえますが、ここでは簡単に、「ビジネスモデルとは、儲けを生み出すビジネスの仕組み」と定義していきたいと思います。

 

 各々の会社は、事業の定義を考えた後、どのような仕組みでサービスを提供し、対価を得ていくかを考えていかなければなりません。これはビジネスモデルを考えるプロセスということができますが、そのステップについてこれからお伝えしていきたいと思います。

 

その4つのステップとは以下の通りです。

1    付加価値を生み出すプロセスを考える

2    自社が戦う分野を明確にする

3    外部業者との連携の仕方を詰める

4    対価を得る仕組みを考える

 

今回は、この4ステップの一つ目、付加価値を生み出すプロセスを考える、という点を考察してみましょう。

会社の業種はそれぞれですが、業種ごとに作業のプロセスは異なります。例えば、出版ビジネスでいえば、「企画」「執筆」「編集」「印刷」「流通」「販売」というようにプロセスを分解することができます。

このように、それぞれの業界で、プロセスは異なりますので、まずは、自社が属する業界はどのようなプロセスを経て、最終生産物またはサービスができ、顧客に提供されているかを考え、図にしてみると良いかもしれません。

 

 

今週は以上です。

上記の点でご質問ございましたら kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。   

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンボジア企業経営への心得 | トップ | カンボジア企業経営への心得 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの経営」カテゴリの最新記事