東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

カンボジア企業経営への心得

2017年12月12日 09時51分41秒 | カンボジアの経営

皆様こんにちは、カンボジア駐在員の澤柳です。

さて、今回は「成果をあげるための習慣」についてお話しします。


私は大学生の頃、コントラバスを弾いていましたが、大学1年生でオーケストラに入りたての時、オーケストラの先生にこういわれました。
「残念ながら君はモーツァルトをモーツァルトのように弾けるようにはなりません。でも音階はモーツァルトと同じに弾かなければなりません」

音楽の才能というものは生まれつき神様が与えてくれるものであり、モーツァルトのように楽器を演奏することができる奏者など滅多にいません。しかし、楽器をモーツァルトのように弾けることはオーケストラでは全く求められておらず、むしろそのような個性を殺し、オーケストラとしての素晴らしい演奏を求められるのです。

音階というのものは楽器を弾くための基礎であり、そして全てでもあります。音階を正しく弾くというと一見簡単なように見えますが、しかし、決して疎かにはできない練習になるのです。
また、偉大な楽器奏者たちでさえ、練習を重ねなかったならば、あのように弾けるようにはならなかったということも言えます。

いかなる分野においても、普通の人であれば実践的な能力は身につけられます。それは、日本人、カンボジア人と言った国籍をも超越します。

卓越はできないかもしれません。卓越するには特別の才能が必要になります。
しかし、成果をあげるには人並みの能力があれば十分なのです。そして、それを我々マネジメントがカンボジア人に教えなければなりません。

 

澤柳 匠


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビジネスモデルを考える際の... | トップ | 期待成果を検証する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの経営」カテゴリの最新記事