東京コンサルティンググループ・カンボジアブログ

毎週火曜日更新
カンボジアへの進出をコンサルティングしている駐在員が、カンボジアの旬な情報をお届けします。

ビジョナリー会計コンサルティング④~資金繰表の大切さ

2017年08月01日 10時05分18秒 | カンボジアの経営

皆様、こんにちは。カンボジアオフィスの未来会計コンサルタント、公認会計士の熊谷恵佑です。今回は、資金繰の大切さについてお話していきたいと思います。

資金繰表とは、何のことでしょうか。それは、会社が保有しているお金の動きを月毎(日毎でも管理できる)に管理する表のことです。前月末残高から始まり、当月のお金の「入」の各種項目、当月のお金の「出」の各種項目を記載し、当月末残高を記載します。そのようにしてお金の流れを計画し、効率的なお金の運用を考案します。

なぜ、このようなことが必要になるのでしょうか。それはそもそも、損益計算書上の「利益」はお金の流れとは関係のない指標だからです。損益計算書上、利益が出ていたとしても、必ずしもお金が増えているとは限りません!ですから、会社は、利益にもちろん着目すべきですが、それと同様に資金の流れに関しても、常に着目しておく必要があります。

損益計算書上での「利益」は、「発生主義」に基づくものであり、現金の流れとは関係がありません。この発生主義というのは経済的利益の増減に着目したものであり、これはこれで実質的な会社の成果を示すので大事な指標といえます。したがって、しっかり着目していかなければなりません。

しかしながら、会社が倒産するリスクもあり、それは支払不能に陥った時といえますので、同じようにそのリスクを回避するために資金繰に常に着目している必要があります。

 

 

今週は以上です。

上記の点でご質問ございましたら kumagai.keisuke@tokyoconsultinggroup.com

までお気軽にご連絡ください。   

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンボジア企業経営への心得 | トップ | カンボジア企業経営への心得 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンボジアの経営」カテゴリの最新記事