東京コンサルティンググループ・ブラジルブログ

毎週木曜日更新
ブラジルへの進出をコンサルティングしている駐在員が、ブラジルの旬な情報をお届けします。

年次有給休暇について

2017年07月13日 | ブラジルの労務

こんにちは。
東京コンサルティングファームブラジルの濱咲克心です。
今週は年次有給休暇の付与日数について記載します。

質問

ブラジルでの年次有給休暇の付与日数に関して教えてください。

回答

年次有給休暇は、1年間以上就業した労働者に対して、1年間の欠勤日数に応じて付与されます。1年間の欠勤日数が5日以内の場合は30日、6~14日の場合は24日、15~23日の場合は18日、24~32日の場合は12日の年次有給休暇のの権利が発生します。有給休暇を消化させられない場合は、会社がその時間を所定の給与の2倍で買い戻す必要があります。労働者が自己都合により1年未満で退職する場合には、年次有給休暇の権利はありませんが、企業が労働者を解雇する場合には、退職日までの勤務期間に応じて按分計算で年次有給休暇の権利が発生します。なお、原則としては、年1回でまとめて取得する必要がありますので、年末年始などの期間に取得するケースが多く見られます。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会計期間について | トップ | 最低資本金について »
最近の画像もっと見る

あわせて読む