東京コンサルティンググループ・ブラジルブログ

毎週木曜日更新
ブラジルへの進出をコンサルティングしている駐在員が、ブラジルの旬な情報をお届けします。

ブラジルの国旗について

2017年11月30日 | ブラジルの投資環境・経済

こんにちは。

東京コンサルティングファームブラジルの濱咲克心です。

今週はブラジルの国旗について記載します。

 

国旗

 

ブラジルの国旗は、「金」と「緑」の旗という意味があり、アウリヴェルジ(Auriverde)と呼ばれています。国旗の原型は1889年11月19日に制定されたデザインで、その後数回細部の変更が行われ、1992年5月11日より現行のデザインとなっています。

緑は林業と農業、黄色は鉱業を象徴していると解釈されており、中央にある青い球体は、無血革命で帝政から共和制へと変わった1889年11月15日のリオデジャネイロの空を表しています。球体内に描かれている27個の星は、それぞれブラジル連邦共和国を構成する26州と1連邦直轄区(ブラジリア)を表しています。

また、中央には白い帯で「ORDEM e PROGRESSO」と書かかれていますが、これはポルトガル語で「秩序と進歩」を意味し、フランス人哲学者のオーギュスト・コントの言葉を引用したものです。 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年11月時点Selicレートに... | トップ | 有限責任会社の出資者について »
最近の画像もっと見る

ブラジルの投資環境・経済」カテゴリの最新記事