東京コンサルティンググループ・ブラジルブログ

毎週木曜日更新
ブラジルへの進出をコンサルティングしている駐在員が、ブラジルの旬な情報をお届けします。

就労ビザ取得条件について

2017年09月28日 | ブラジルの労務

こんにちは。

東京コンサルティングファームブラジルの濱咲克心です。

今週は就労ビザ取得条件について記載します。

 

 

国家移民審議会決議2012年12月12日付99号によると、就労ビザの取得の条件は以下のように規定されています。以下のいずれかに該当する場合、ブラジルで就労ビザを取得することができます。

 

・最低9年間の教育と、2年以上の職務経験

・職務に関係する大学課程の修了時点から1年以上の高度な職務経験

・360時間以上の単位を伴う大学院課程の修了、もしくは修士号または従事する業務に適した修士号以上の学位の保有

・学歴と関係なく、就業する業務に精通した芸術・文化の分野での3年以上の職務経験(技術支援契約に基づきブラジル企業にて外国人が就労する場合、最低でも3年以上の専門家としての実績を証明する必要があります)

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 居住者の定義について | トップ | 創立費・開業準備費について »
最近の画像もっと見る

ブラジルの労務」カテゴリの最新記事