バングラデシュブログ/東京コンサルティンググループ

毎週水曜日更新
TCFのバングラデシュ駐在員より、現地から生の情報、声をお伝えします。

銀行口座の種類について

2017年05月24日 | バングラデシュの投資環境・経済

バングラデシュでビジネスを行うにあたり銀行口座の開設をしなくなりませんが、バングラデシュでは一般的に法人口座として以下の銀行口座開設が認められています。この中には条件付きで認められているものもあります。

 

① Current Account:当座預金口座

② Short Notice Deposit Account:短期通知預金口座

③ Fixed Deposit Account:定期預金口座

④ Saving Account:普通預金口座

⑤ Foreign Currency Account:外貨預金口座

 

 

①については一般的な当座預金となります。通常の営業活動において利用されます。②については約1週間の事前通知(金額に応じて事前通知の日数が異なる)で、引き出しが可能となります。一日単位の金利もつきますが、会社の信用に応じて、各銀行において開設の可否が判断されます。

③については、②より金利は高いですが、申請時に期間を指定する必要があります。④は一般的に法人向けではありませんが、権限者1名を指定することで開設可能になる場合もあります。⑤に関しても、①と同様の開設ステップをふむことで、開設が可能です。

 

各種銀行では、同じ名義で同じ口座を開設することはできません。利用目的ごとに口座をわける場合には、同じ銀行で異なる種類の口座(例:Current AccountとShort Notice Deposit Account)を開設するか、別銀行で銀行口座開設する必要があります。

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited

Tel: +88-017-9984-2931

E-mail watanabe.tadaoki@tokyoconsultinggroup.com

(以上)


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バングラデシュの観光産業に... | トップ | VAT(付加価値税)に関する今... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バングラデシュの投資環境・経済」カテゴリの最新記事