バングラデシュブログ/東京コンサルティンググループ

毎週水曜日更新
TCFのバングラデシュ駐在員より、現地から生の情報、声をお伝えします。

駐在員事務所の許認可について

2017年11月15日 | バングラデシュの投資環境・経済

駐在員事務所を設置する際は、投資庁を通して申請するようになっていますが、最初の許認可は3年でおりるケースが大半です。その後、更新は2年ごとに行うことになります。

 

投資庁に申請を行う際は、申請内容にもよりますが、多くの場合投資庁内での会議で承認されることになります。この会議は月に2度行われ、月の半ばと月末に開催されます。会議が2週間に1度のため、急を要する場合は、この投資庁のミーティング日に合わせてスケジュールを組む必要があります。

 

駐在員事務所の許認可の取得、更新については、今まで監査済の財務諸表の提出が求められましたが、日系企業への特例措置として、財務諸表のみの提出というように規制緩和措置もとられています。従来と比べると、手続きもスムーズになってきているように感じます(2017年10月時点)。

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited

Tel: +88-017-9984-2931

E-mail watanabe.tadaoki@tokyoconsultinggroup.com

(以上)


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BIN(Business Identificatio... | トップ | 労働法で定められている休暇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バングラデシュの投資環境・経済」カテゴリの最新記事