バングラデシュブログ/東京コンサルティンググループ

毎週水曜日更新
TCFのバングラデシュ駐在員より、現地から生の情報、声をお伝えします。

進出時の銀行口座の開設について

2017年10月25日 | バングラデシュの投資環境・経済

 会社の設立時には資本金の投入や運転資金の送金のため、全ての会社が銀行口座を開設することになります。その際は、まずローカル銀行での口座開設をお勧めいたします。

 外資系銀行としてはHSBC(The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited)やSCB(Standard Chartered Bank)がありますが、申請に多くの時間を要します。それに比べ、ローカル銀行は申請書類も少なく、外資系銀行に比べあまりかかりません。

 ただ外資系銀行にもメリットがあり、オンライン取引(オンライン振込)が可能です。日本やその他の先進国ではオンライン取引は一般的ですが、バングラデシュのローカル銀行ではオンライン取引ができません。その代わりに小切手を発行し、支払先に渡すことになります。

 

 全ての取引が小切手のため手間がかかり、またSignatory(小切手へのサイン権を持つ権限者)に関してトラブルになることもあるため、進出後、経営が軌道に乗ってきた際は、外資系銀行へ口座を設けることをお勧めします。

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited

Tel: +88-017-9984-2931

E-mail watanabe.tadaoki@tokyoconsultinggroup.com

(以上)


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原材料仕入れ時に係る前払源... | トップ | 銀行口座開設における注意点 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バングラデシュの投資環境・経済」カテゴリの最新記事