バングラデシュブログ/東京コンサルティンググループ

毎週水曜日更新
TCFのバングラデシュ駐在員より、現地から生の情報、声をお伝えします。

バングラデシュにおける海外からの貸付金(ローン)の取り扱いについて

2017年06月28日 | バングラデシュの投資環境・経済

バングラデシュにおいては、短期ローン(返済期間が1年未満)は自由に海外からでも受け取ることができ、また事前許可も必要ないため、返済も比較的自由に行うことができます。

ただし、海外からの長期ローン(返済期間が1年を超える貸付金)に対しては、中央銀行及び投資庁もしくは輸出加工区庁より事前承認を得る必要があります。その際にはローン契約書の提出等のステップを踏む必要があります。

 

バングラデシュは海外から国内への送金に対しては容易に入金することができますが、バングラデシュから海外への送金に対しては厳しい規制があります。長期ローン返済に関しても、事前承認を得ていなかった場合、現状、ローンの返済が難しい、もしくは承認に長い期間を要します。

その結果、貸し手側(多くの場合親会社)が債権放棄するケースや、DES(Debt Equity Swap)するケースがみられています。

 

円滑なビジネスを行うためにも、ローンを受ける際は、返済期間を明確にし、当該省庁より事前に承認を受けることをお勧めいたします。

 

Tokyo Consulting Firm Limited

Tel: +88-017-9984-2931

E-mail watanabe.tadaoki@tokyoconsultinggroup.com


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 営業許可証(Trade License)... | トップ | ラマダン期間中の営業時間に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バングラデシュの投資環境・経済」カテゴリの最新記事