バングラデシュブログ/東京コンサルティンググループ

毎週水曜日更新
TCFのバングラデシュ駐在員より、現地から生の情報、声をお伝えします。

ワークパーミットのキャンセルについて(1)

2017年04月12日 | バングラデシュの労務

バングラデシュで外国人が就労する際はワークパーミットが必要となりますが、出向期間が終わり、帰任する際には、このワークパーミットをキャンセルする必要があります。

 

特に外国人の場合、個人所得税の納税義務は実務上ワークパーミットに基づき発生し、その源泉義務は会社となります。ワークパーミットをキャンセルせずに帰任するということは、会社がその分の負債を負担し続けることを意味し、監査において指摘される可能性があります。また、遡及し清算する場合はペナルティが課せられます。

※ワークパーミットの期限が切れたからといって、失効するわけではなく、別途キャンセル手続きを行う必要があります。

 

上記のことから、帰任される場合は、ワークパーミットのキャンセルを適切に行い、全て清算して出国していただくことをお勧めします。

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited

Tel: +88-017-9984-2931

E-mail watanabe.tadaoki@tokyoconsultinggroup.com

(以上)


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« City Corporation (市役所) ... | トップ | ワークパーミットのキャンセ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL