TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

TCC・竹島クラフトセンター、お父さんお母さんと手織体験!                 ■TAKE-LOG■竹ログ■

2011年10月31日 | 三河木綿の手織り体験


3人の御一家で、お嬢様の体験です。

「この子ですが体験が出来ますか」
「大丈夫できますよ」



さっそくお好きな色を選んでもらって織機の前に
座って手織体験の始まりです。

「はいこのシャトルをここに通して」
「これを上に上げます」
「次は下に下げます」
交互に上げたり下げたたりしながら織り進みます。
 
「あれ!間違えちゃったよ」
ゲーム感覚で手織が楽しめるのがリジット織機です。



「あれ、綺麗よ見て!」

出来上がってくるコースターをみて喜びの声が上がります。

「出来たー!」
「やったね!おめでとう!」

コースターを掲げてお父さんも参加して記念撮影です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TCC・竹島クラフトセンター, 棉畑から織物まで作りたいのです。                  ■TAKE-LOG■竹ログ■

2011年10月31日 | 三河木綿の手織り体験


「畑で棉を植えてるんですが、採れた棉で糸が出来ますか?」
との問い合わせがあった婦人の手織体験です。

ご自分で畑を持って、無農薬野菜など栽培していましたが
棉の栽培もしていました。今回TCCの主人の棉の栽培のことを知り、
たずねて来られました。

「願っても無いお話で、ぜひ栽培をして糸を作りましょう!」
との話になり、TCCで棉繰り体験と、手紡ぎ体験と手織体験を
しました。

竹島ベイパークの棉畑が、中日新聞や、朝日新聞に大きく取り上げられて、
棉の栽培や木綿の織物製作に興味がある人のご来店が増えてきました。

「オーガニックと言うと畑の条件も面積も制約がありますが、

無農薬なら私もやっています。ぜひ仲間になってやりましょう」

「私は雑草の中で作付けしたいのです」

と言われて飛び上がるほど嬉しいTCCの主人です。

「私も同じ考えですが、皆さん雑草の生えた畑ではいけないようで、
草だらけだね~と言われると‥」

「そうなんですよ~、雑草は近くの畑に種が舞うから嫌われるんですが
それが出来る畑なんです」

「さっそく仲間になってやりましょう!、」

自分で植えた綿から織物を作ってそれを身に着けたり、飾ったり、して
市販されている織物とは異質な和棉繊維の特性を発見する楽しい話が続きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TCC・竹島クラフトセンター、オンパク蒲郡で、仲良しお友達の手織体験です!

2011年10月26日 | 三河木綿の手織り体験
「オンパク蒲郡・あそび100のパンフレットを見て
手織体験の予約をしたいんですが出来るでしょうか?」
と、予約のお客様のご来店です。

さっそく三河木綿の[棉繰り体験]と[綿打ち体験]と[手紡ぎ体験」
のフルコースから始めました。



「あら!、種だけ取れて、アツ、こっちに綿だけになってるわ」
棉繰り器の不思議をたいけんして、次は綿打ち体験です。

「弦の振動で棉がフワフワになってきたよ!」

「では、この棉を使って次は手紡ぎをしよう」
手紡ぎ車を使って綿から糸を作ります。

「わっ!不思議だわ糸になってくる」
「アツ!切れちゃう!」

そして、ご自分で紡いだ糸を使ってコースターの手織体験です。



お好きな色糸を選んでコースターの手織が始まりました。

「作った糸を何処へ織り込むか考えてくださいよ」
「うーん難しいけど‥、此処に入れます」



房作りも終わりコースターの完成です。
畑で採れた綿から糸になり、織機で織り込んで
世界で一つのコースターの完成です。

「楽しかったわ、大切にします」
「蒲郡旅行の思い出の記念に大切にします」

と、お客様の嬉しい声を聴いて幸せを感じているTCCの主人でした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒲郡市生命の海科学館・藍のたたき染め体験教室

2011年10月24日 | 三河木綿の手織り体験
10月23日は蒲郡市命の海科学館では、オンパク蒲郡の一環で
TCC・竹島クラフトセンターの藍染めの教室を開きました。

藍草を使った藍のたたき染めの学習体験教室です



トントントン、トントントン、
教室に木づちで藍の葉をたたく音が響きます。
白い布の上に藍の葉を置くデザイン作業から始まります。

「この配置の方が良いかしら?」
「この方が可愛いかしら」

配置が決まると一斉に叩き始めました。
時ならぬ騒音が生命の海科学館に響きわたります。



叩く叩くみんな叩く!
わき目も振らずに一生懸命たたく。



お父さんも、お母さんも、お嬢さんも、
トントン叩く。



ハンカチに藍の葉の形が染め着くと
「あら凄いわ染まってきたわ」
「叩くと藍の葉の細胞に含まれてる色素がハンカチに染まり着くんだ」
などと科学の話をしながらトントン叩く。



自分のデザインが形になって出来上がりを夢見ながら
たたく、叩く、
トントン叩く、
私だって出来るもん!



「そーら、出来てきたわ」
「出来たー!」
「わー凄いわ」
午前中の部の皆さんの作品です。

皆さんの素晴らしいデザインがハンカチになりました。




そして、午後の部が始まりました。



「これで良いのかな?、いやこの方が格好良いかな?」
「うーん迷うよね~」

図柄が決まってトントン叩く



「あら、貴女の良いわね」
横目で見ながらトントン叩く、
トントン、トントン、リズムに乗って木づちを叩く、



「やったー、出来たわ!これ見て
「わー凄いわ、これ良いじゃない」
「アー楽しかった」



午後の部の皆さんも出来上がり作品を掲げて記念撮影です。



あれ?この写真に見慣れない人が‥。

この学習作業の間には、科学館の学芸員の皆さんが
藍の葉を元に新しい染め方を研究していました。

近いうちに、野に咲く色々な草花を使った新しい教室が
命の海科学館で開催されるかも知れませんよ。
お楽しみに‥。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TCC・竹島クラフトセンター、手織体験に来て頂きました。

2011年10月19日 | 三河木綿の手織り体験
[彩まち竹島手づくり市]の日でTCCは休業日でしたが
予約のお客様がありました。
外は良い天気だったので[彩まち竹島手づくり市]の
楽しい雰囲気を味わってもらおうと急遽手織織機を
外にだして手織体験をしていただきました。



藤棚のしたで、イベント会場のパフォーマンスや
音楽を聴きながらの手織は始めてのことでしょう。



海の風を受けながら開放された芝生ガーデンでの
手織体験に満面笑みのお嬢さんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TCC・竹島クラフトセンター、豊川と豊橋から手織体験!

2011年10月17日 | 三河木綿の手織り体験
日曜日の今日の竹島海岸は竹島八百富神社の祭礼で賑わっています。
そんな中をお二人の女性が手織体験をされていました。



お二人のお嬢様は豊川と豊橋のお友達同士で、竹島で手織体験をしようと
TCC竹島クラフトセンターに来ていただきました。

あらまー!お美しい美女のお二人の出現に、TCCの女性スタッフも見とれる
しまうほどでした。

さっそく手織体験に入り、一本一本緯糸が丁寧に織り込まれて行きます。
手織作業を進めながら、竹島を見ながら観光の話やB級グルメの話になりました。

「B級グルメは地元の人は何時でも食べられるますが、
 地方からお出でた人の方が珍しいから良く売れるわ」

と話を聞きながら、言われればそうだと思いました。
百貨店などでも北海道物産展などと言う見出しだとお客が集まるのもそうだと思いました。



などと話が弾むうちにコースターが織りあがりました。

「綺麗に織れてる!」
「わー嬉しいわ!」

美女のお二人の歓声が響く竹島海岸に、
祭り囃子も浮かれてピーひゃらドンと響いていました。

何故か竹島クラフトセンターには美人の手織体験者が多いのですよ。
それは‥、皆様は竹島弁天さまの再来かも知れないね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[彩まち竹島手づくり市]・楽市楽座、協力ありがとう!

2011年10月12日 | 三河木綿の手織り体験
10月9日に行われた[彩まち竹島手づくり市]に参加していただいた
第一回の参加者・グループを紹介します。



①竹島クラフトセンター・・棉繰り糸つむぎ実演体験      
②竹島クラフトセンター・・手織体験      
                 
③二川の宿・・・・・・・・フレーム織り実演体験            

④トーマスんち*ROA・・・・歩行補助具用ハーネス      

⑤陽だまり工房・・・・・・手づくりアクセサリーショップ          
  Je*brill
  四季の花あそび・・・・フラワーアレンジ         

⑥クローズアップ・・・・・手づくり小物          

⑦Property ・・・・・・・サンドプラスト、ハンコ、アクセサリー     

⑧斉藤秀子・・・・・・・・布小物           
                

⑨木工MOO・・・・・・・・ 木工品
 
⑩菜紬&結・・・・・・・・手織作品、羊毛手紡ぎ実演           

⑪幹の家・・・・・・・・・木工品・動物シリーズ             

⑫長谷川多恵子・・・・・・小物、創作桜餅・油菓子         

⑬蒲郡・文協 茶道部・・・抹茶野点        

⑭みっきー商会・・・・・・飲食・手打ち蕎麦          

⑮なごみ会・・・・・・・・商店街女将さん・飲食           

⑯レストスマイル・・・・・飲食     
         
            
⑰やすえー・・・・・・・・飲食 
      
⑱オレンジホーム・・・・・飲食    


⑲若者サポート・・・・・・手づくりおもちゃ
 ステーション      

⑳SHIVA S SALON・・・・・・ネイルアート

⑳Tシャツ書道アート・・・・Tシャツ書道アート
 東日本震災支援ブース




音楽 パフォーマンスブース
☆川合久子・・・・サックスパフォーマンス・MC
☆コカリナ・・・・アンサンブル ドルフィン
☆和太鼓 響・・・創作和太鼓演奏
☆藤田淑子・・・・書道パフォーマンス
☆きんぱらしげゆき・・・アコースティック弾き語り
☆PANSAKU・・・・バンド演奏

本部 事務局 志村明彦
  会計  鈴木康生


皆さんお疲れ様でした。
協力に感謝しています。
今年度中にも第2回[彩まち竹島手づくり市]の実行委員会を開き
計画を立てたいと思っていますので、皆さんの参加を期待しています。

[ 彩まち竹島手づくり市]
実行委員長  鈴木敏泰
事務局長   志村明彦
会計     鈴木康生
 
        



              
 


            
            
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TCC・竹島クラフトセンター、着物の愛好家が手織体験

2011年10月12日 | 三河木綿の手織り体験
10月9日、[彩まち竹島手つくり市]の日でしたが
以前からこの日に竹島で手織体験の予約があった女性の
お二人がやって来ました。



着物姿の女性の出現にTCCの主人は声を上げました。
「あれまーこれは素晴らしい」
今日の[彩まち竹島手づくり市]の中を歩いても
この竹島のロケーションにはぴったりでした。

竹島の力は凄い!と思ったのは、竹島をバックに
たった25個のテントですが、どこも無駄な空間がなく
お店とお店を訪ね歩く空間が次の期待感を盛り立てる
役割を作り出していたのです。



そんな竹島俊成苑でしたが、藤棚の下で織るお二人の
姿は着物姿と共に人目を引いていました。

お二人は東京と大阪で全く知らない人同士でしたが
着物愛好家のネットで知り合い、ロケーションの良い
竹島海岸で出会ったその日が奇しくも[彩まち竹島手つくり市」
だったのです。



藤棚の下で好天の日差しを避ければ吹く風もさやわかで
心地よい音楽の調べの中で手織を楽しんでいました。



主役がやっぱり竹島でした。そこに着物姿の女性の登場で
話はみかん染めの着物の話になり、東京・大阪の愛好家の間でも話題の
着物で色もデザインも今までに無いものであったことを確認して、
デザイン企画をしたTCCの主人はこの上ない喜びでした。

[みかん染めのお着物は浴衣なんですか?私たちはお着物
だと思っていましたよ]

以前竹島に来たみかん染めの着物の女性を見て、
これは着物だなと思ったが、販売は浴衣にしてしまったのは、
作り手とユーザーのミスマッチなのかも知れない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彩まち竹島手づくり市、[楽市☆楽座]

2011年10月10日 | 三河木綿の手織り体験
10月9日、蒲郡市竹島海岸・俊成苑において
[彩まち竹島手づくり市]が開かれました。

朝から晴れ渡った秋空の下で竹島俊成苑にテントが配置され、
手づくり体験コーナー、
クラフト作家コーナー、
アート作品コーナー、
音楽パフォーマンスコーナー、
飲食コーナーと

各独立した部門が一体となった[彩まち竹島手づくり市]が
出現しました。



竹島をバックにした舞台では音楽・パフォーマンスが
発表されていました。
☆川合久子・・・・サックスパフォーマンス・MC
☆コカリナ・・・・アンサンブル ドルフィン
☆和太鼓 響・・・創作和太鼓演奏
☆藤田淑子・・・・書道パフォーマンス
☆きんぱらしげゆき・・・アコースティック弾き語り
☆PANSAKU・・・・バンド演奏



テントの配置も余裕のある空間の、思い思いの場所に
それぞれ好きな場所にお店を開いていました。
大自然をバックに、そこに集う売る人も買う人もゆったりとした
自然に包まれていると、心癒される竹島海岸でした。



朝は開会前から観光客のご来店で、慌てて店を開く出展者の
笑顔で始まった[彩まち竹島手づくり市]でした。



若い人達もクラフトマンも観光客と一緒になって
小さいながらもアットホームな楽しいイベントが
竹島に出来上がったのです。



食のコーナーも広い芝生にゆったりと竹島を眺めながらの食事は最高!
の声も聞こえていました。
開始30分で売り切れのお店もあって笑顔の店主の顔もありました。



”青い海と青い空、緑の竹島と白い橋、”

最高のロケーションをバックに行われた
[彩まち竹島手づくり市]は大成功に終わることが出来ました。

イベントをボランテアで支えてくださった皆さんと、
各コーナーに出店して下さった皆さんと、
蒲郡市役所と各関係機関の協力をいただき
無事に終わることが出来ました。
本当にありがとうございました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒲郡ライオンズクラブ・竹島ベイパーク芋ほり体験!

2011年10月10日 | 三河木綿の手織り体験
10月8日、蒲郡市竹島ベイパークににあるライオンズクラブの
畑において市内の子供達と父兄が参加して、ライオンズクラブが
この日の為に育てたサツマイモの芋ほりがおこなわれました。



良い天気に恵まれて、秋晴れの中で畑が掘り起こされて
芋が出てくると

「でっかいのが採れたよ!」

子供達の嬉しい声が響きます。



隣の畑の[蒲郡花フル会]のメンバーの皆さんも手伝って
焼芋の準備が出来て、美味しそうな香りが漂います。



子供達の歓声と楽しい会話の中で、私も美味しい焼き芋を
いただきました。



このあと、竹島ベイパークの棉畑では、三河地棉の
棉摘み体験と手紡ぎ体験も行われました。

蒲郡市竹島ベイパークにライオンズクラブの畑と、蒲郡市花フル会の
ハーブの花畑と、夢織人・穂の会の三河地棉畑が一緒になったイベントが
発進するスタートの日になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加