TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

お母さんとコースターを作りました   竹島クラフトセンター

2017年05月25日 | 三河木綿の手織り体験
「手織り体験はできますか」
と一組の親子さんが手織り体験にやってきた。

竹島弁天てづくり市で疲れたスタッフの一人がお休みで
私の体験指導で始まった。



「織機の仕組みで経糸が動き、人の手によって緯糸が動き
 織物が織れてくる」

「長い時代を経て織物の織るシステムは変わったが
 織るという原理は今も昔も変わっていない」

などなど私の理屈を混じえながら講義が進みます。



糸作りの原理も、織物を織る原理も世界共通で
これを覚えれば世界で通用します

一本の糸の出現で世界中で人の命が救われて
火縄銃の導火線にもなり人の命が失われていった。

物を作り出すことはその後の社会に変化をもたらすが
手織りは全く平和的であり心を癒すには最適な作業である。

などなど会話が弾むうちにコースターが出来上がりました。



素晴らしいコースターができました
おめでとうございます。

「楽しいお話で勉強になりました」
「また来たいです」
と嬉しいコメントをいただき嬉しいです


 
『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手織り体験は楽しいよ   ... | トップ | 熊本県の女性が一人 三河木... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL