TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

カナダからのご一家が手織り体験にやってきた  竹島クラフトセンター

2017年06月19日 | 三河木綿の手織り体験
「三河木綿のフルコースを体験したいんです」
と5人のご一家のみなさんです。

カナダは今夏休みで日本に帰郷しているのだそうです。



早速、綿の種を取り除き綿だけに分ける綿繰り機が登場します。
「あれ、不思議だね、綿だけこっちに落ちるよ」
とお姉さんが声をあげた
「昔の日本人は頭が良かったんだ」



「カナダで棉を植えたけれど芽が出なかったです」
「やっぱりカナダは寒いからね」
と棉談義をしながら紡ぎ車を使って糸を紡ぎます
(残念ながら手紡ぎの場面の撮影ができなかった)



作った糸を用意して機織りの開始です。
生活はカナダなのにお子様たちは日本語が達者で
作業の手順もすぐ覚えて織っています。



カナダには手織り機があって整経台も、綛(カセ)くり機もお持ちだそうで
夏休み中(8月まで)に機織りの基礎を学んで帰りたいとのことです。



カナダで三河木綿も良いし、カナダでは毛織物も必需品なので、
長い冬の季節を手織りで芸術を楽しむまで出来たら良いなと
思います。



出来上がったコースターを掲げてゴールドメダルの記念撮影です。
おめでとうございます。



『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JA飛騨婦人部のみなさんの手... | トップ | 2人で三河木綿フルコース ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL