TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

予約のご一家の手織り体験です      竹島クラフトセンター

2017年05月05日 | 三河木綿の手織り体験
「すみません、10時の予約をしていた者ですが渋滞で遅れます」
と、連絡が入ってきました。
今日は連休で幹線道路は車が混み合っています。



観光バスが着くたびに人の流れが増えて、水族館のアシカショーが終わっても
人の流れが増える竣成苑です。



そんな中を到着したお客様です。
早速、織機に座っていただき、手織りがスタートしました。

「この筬を上げてシャトルを通してトントン」
「あれ?今度は上かな?下かな?」
「どうぞ恐れず間違えてください」
「そんなこと言われても・・・」



「大丈夫です、間違えれば間違いがわかりますから」
「理屈はそうですが・・」
禅問答のような会話が弾み心が和み笑顔で機織りが進みます。



早くも息子さんとお嫁さんは完成したコースターを見せて品評会です。
「ここが難しかったな」
「こんな素晴らしい景色の中で楽しかったです」
「素敵なものが出来て、ありがとうございます」
とまたお礼を言われて嬉しいTCCの主人です。



お父様はスタートが遅くなったのですが挽回して房作りをしています
男の人で真面目な人は几帳面に力強く織りますから丈のサイズが短くなるので
緯糸を増やしましたがスピードを上げて追いつきました。



そして全員コースターが完成しました。
それぞれ個性あふれる作品が出来ました
「いいものが出来て良かった」

と、作品を掲げて記念撮影です
おめでとうございます。



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手織りは楽しかった    ... | トップ | 毎年ゴールデンウィークの親... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三河木綿の手織り体験」カテゴリの最新記事