TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

古織機の三河縞が乗りました

2016年12月13日 | 三河木綿の手織り体験
蒲郡市にある竹島クラフトセンターの玄関に設置してある高機(タカバタ)織機に
三河縞の整経をした経糸が掛かった。



デザインは竹島クラフトセンターのコンピュータで作り
織り手は生徒のひろみさんである。

整経と經通しと筬通しをしましたがトラブルがあったりしましたが
今日は無事に織り付け作業を開始しました。

緯糸密度は24本/cm入っているので着物生地にはOKが出ました。



江戸期の織機と似た三河縞になっているが、両機とも常時縞も柄も変わります。
江戸古織機と三河木綿、三河縞に関しての説明もスタッフがしております。


『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綿のごみ取り | トップ | シンガポールから休暇で帰っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL