TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

春休みの1日 おばあちゃんと手織り体験    竹島クラフトセンター

2017年04月04日 | 三河木綿の手織り体験
春休みの1日をおばあさんと一緒に竹島の手織り体験にやって来ました。



外は春の陽を受けてポカポカで桜の開花を誘う陽気になってきました。
そんな竹島クラフトセンターでは子供たちの声がしています。

おばあちゃんとお孫さんの四人で手織り体験ですが
この写真ではひとりお坊ちゃんが抜けています。

「僕は織らないよ」
と、竹島へ遊びに行くことになりました。



妹さんはシャトルに糸を巻いて手織りの準備です



お姉さんは今からランチョンマットの制作に入ります
窓の外の竹島を眺める余裕もなく織機に向かっています。



スタッフの指導を受けながらデザイン画を作って、
30cm×45cmのランチョンマットを3時間かけて織る
本格的な手織りとなりました。



あれ!、途中から弟さんが竹島から帰って手織り体験に参加しました
「僕は前にやったことがあるんだ」
「だけど一枚織ります」
と、慣れた手つきで織り始めました。



お昼ご飯を食べてからお姉さんはランチョンマット作りです
妹さんと弟さんは時間を持て余して少し退屈そう



そこで登場したのが棉の種を取る綿繰り機である
「わー、これは楽しいよ」
「これならずーっとやっていても面白い」
と言うことで綿繰り作業は大評判でした。



そしてお姉さんのランチョンマットが織り終わりました。
「わーすごい、本格的だね」
「おめでとうございます」
と、教室の生徒さんからもお褒めの言葉をいただきました。



ランチョンマットの大作とコースターの作品を掲げて三人で記念撮影
ですがまだ綿繰り作業が止められないようです。

(楽しすぎて帽子を忘れてしまった妹さん、竹島クラフトセンターで
 大切に保管していますので取りに来てくださいね)






『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手織りはすごく楽しかったわ... | トップ | お母さんと一緒に手織り体験... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL