TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

千葉県 犬山市 小牧市から観光で竹島の手織り体験  竹島クラフトセンター

2016年10月18日 | 三河木綿の手織り体験
女性の4人が手織り体験でご来店です。
「織れるかしら」
と少し不安げに織機に座った4人ですがスタッフから織機の操作や
織物のメカニズムと原理の説明を受けながら手織りが進みます。



「あら、ここが狭くなってしまった」
「手織りはやり直せますから直しましょう」

「どうしてサイズが違うのかしら」
「サイズが違うのは糸を打ち込む強さによって違いますよ」



作品が織れてきて余裕の笑顔で撮影をしました。

体験者が色を選び、自ら作る喜びを知り、作品を自分の物にして、
お土産としてお持ち帰りができる手織り体験です。
「織物って楽しいです」
「もっと織っていたいわ」



「あなたの凄く綺麗に織れてるわ」
「なんでこんなに糸が入っているのかしら」

「手元のスナップが効いているからですね」
「まあー、性格もありますね」
などなど、作品を囲んで織物談義です。




そして完成したコースターを掲げて記念撮影です。
「楽しかったです、ありがとうございました」
「こちらこそありがとうございました」

今日もお礼を言われて嬉しいです。


この体験は旅行者に地元蒲郡の産業を知っていただき、
体験することで織物を学んでいただき、これからの消費活動の中で
日本製 蒲郡製の織物を意識していただくことを主目的の産業観光です。




『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登山靴のソールが剥がれてし... | トップ | 天竜高校の生徒が綿から織物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL