TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

江戸時代の織機と昭和の織機をセット   竹島クラフトセンター

2016年10月17日 | 三河木綿の手織り体験
すでに三河縞を織って動いている江戸時代の織機の横に、
今日は昭和の織機がセットされて三河木綿を織るための
準備をしています。



ソーコー枠など部品を取り付け始めると同時に縞のデザインも終わり、
経糸の整経も始まってもう直ぐ展示公開される予定です。

「ほう、懐かしい織機だ、家にも昔あった」
という日本のおじいさん
「私の国にも織機がありますが少し違います」
という東南アジアの青年
「手で織る織機は始めて見ました、今の中国では知りません」
という中国人の女性



織物は世界共通です。観光客も物めずらしそうに眺めていきます。
今セットしている昭和の織機には大正昭和時代の縞のデザインを
載せようと考えています。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の竹島は雨模様 | トップ | 三河木綿の手織り体験フルコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL