TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

全国コットンサミットin蒲郡の竹島クラフトセンター

2014年11月25日 | 全国コットンサミット
11月22日、全国コットンサミットの朝を迎えて緊張の私、
10年ぶりの背広姿に私とは誰も分かってくれないのだ。
まあ、無理はない、竹島クラフト センターの生徒でさえ分からないのだから。

本部の役目の合間を縫って竹島クラフトセンターのコーナーに行くと
木工の木輪さんと竹島クラフトセンターがコラボレーションしていた。



竹島クラフトセンターでは木輪さんの臥雲式紡績機で紡いだ糸を使って
作った作品商品なので見事なコラボだと思った。

手織り体験も少ない時間の中でも沢山の人が参加してくれた。



手織りの先生が着物姿で体験をしていただきました。
TCCの生徒にご指導してくれる姿を見て、コットンサミットの大きな役割を感じました。



女の子が機織り体験です。
これが蒲郡市三河木綿普及事業の基本です。



これはお隣の豊川市御津南部小学校の生徒さんが竹島へ遠足に来て
三河木綿の手織り作品の101点です。
春から種を植えてコースターに織込んでいます。



これは市内中央小学校の生徒さんが育てて作ったコースターの展示です。
蒲郡市はこんな活動をしているところが蒲郡へコットンサミットが来た
一つの条件でもあるのです。

春に種を植えて、夏に花が咲き、秋に綿が実ったのです。
その棉を糸にしてこんな素敵なコースターを全国から来た
人に見てもらいました。



そしてご一般市民とその家族が棉から育てた糸を織込んで作った
コースターも並んでいます。
三河木綿を普及宣伝するにはまず市民のご家庭からが
竹島クラフトセンターの役割の一つと捉え生徒の皆さんも
ボランテイア協力しています。
(とは言っても遠くは日進市、刈谷市、浜松、安城など市外の人ばかり)



本部も準備に大忙しである。市の職員も懸命の作業である。


西尾市のお茶のご接待、ありがとうございます。
西尾市って煎茶の日本一の産地です。
蒲郡とのコラボは三河の力だな。


コットン製品の販売コーナー、
今度やる時は三河綿花100%の本物の製品が並ぶ日が来る事を願うのだ。



竹島クラフトセンターの作品もみんなの協力で展示された。



羊毛ツイードと見間違えるようなコットンの織物が出来た。



コットンサミットが終わり100%の三河で採れた綿花を使った商品
ツイーンズコットンの販売を開始します。

今度のコットンサミットには完成したツイーンズコットンを持って
貸し切りバスで三河から行きたいと思っています。


追伸
翌日、栃木県からのグループのみなさんが臥雲式紡績機の話を
聞きに尋ねてくれましたが時間がなくてお別れでしたが、
我雲式紡績機で解らないことがありましたら何でも聞いて下さい。

境港市の皆さんもバスで水族館や竹島を尋ねてくれました。
沢山の友達が出来て嬉しいです。

サムライジーンズの皆さんも竹島クラフトセンターに来てくれましたが
サミットの後片付けで商品の展示も出来ていなくてごめんなさい。

竹島クラフトセンターを尋ねてくれても会えずに終わったみなさん、
ごめんなさい。
来年のコットンサミットでお会いしましょう。

”コットンに関わる人は暖かい”  大正紡績 近藤健一さんの言葉













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014全国コットンサミットin蒲郡開催    竹島クラフトセンター

2014年11月24日 | 全国コットンサミット
11月22日、蒲郡市民会館において第4回2014全国コットンサミットが開催された。
私は全国コットンサミットin蒲郡の実行委員長として朝から開催の準備でした。

TCC竹島クラフトセンターのコーナーの準備は生徒スタッフにまかせて
私は本部の仕事に専念した。

全国からコットンサミットの為に参加してくれる人達がゾキゾクと詰めかけ、
物産販売コーナーも沢山の人で混雑して大盛況でありました。

全国から綿に関する書籍も並び流石にコットンサミットだと思いました。

コットンサミット本会議は13時から始まりオープニングは天竹神社の
神事から始まった。



思えば私が天竹神社の鈴木稔さんから種をいただき蒲郡の
地に植えたことが三河縞・三河木綿ルネッサンス事業が始まる
起点になった事を思えば感無量の光景であった。



会議は大会長稲葉市長の挨拶に始まり、小池副大会長のサミット開会
宣言を受けて経済産業省課長の寺村様の御挨拶を受けて
やっとここまで来た事を想い、今からだと武者震いを感じた。



会議も進み、パネルディスカッションが始まり
「国産綿花商品の未来とこれからの展望」
について話し合い、国産綿花の安全安心と、未来の地球規模の繊維の
供給問題も提示された。



最後に全国コットンサミット旗を近藤健一全国コットンサミット委員長に返還され
2014全国コットンサミットin蒲郡を無事閉会することが出来ました。

参加された皆様と協力お手伝いしてくれた皆様に感謝いたします。
ボランテア参加の皆様ありがとうございます。
全国と名が付き国の本省に認められた重みを感じて、開催に尽力してくれた
市役所の協力に繊維業者の1人として感謝しています。

コットンサミット事務局のご指導のおかげで何とか終わる事が出来た事に
感謝しております。

このサミットで三河木綿を全国に知らしめた事を踏まえ
今後三河木綿再興の2段目のロケットに点火出来たと信じ
三河綿花を新しい繊維と新しい産地を構築をして行く覚悟であります。

2014全国コットンサミットin蒲郡実行委員長
ミカワコットンプロジェクト実行委員会
       鈴木 敏泰



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の遠足で101人の手織り体験は 全国コットンサミットin蒲郡で発表

2014年11月20日 | 全国コットンサミット
今日は豊川市立御津南部小学校の4年生が秋の遠足で
竹島クラフトセンターに手織り体験にやって来た。



春から1人1人の生徒さんが育てて採れた綿から紡いだ糸を持って
竹島海岸に遠足に来て、手織り体験をしました。



1学年3クラスなので1クラスづつ分かれて、1組は蒲郡水族館、
2組は生命の海科学館、3組は竹島クラフトセンターというローテーションを組んで
1クラスづつ手織り体験をしました。



そして、全員自分が紡いだ糸を織込んだコースターを完成させました。
「たのしい」
「もっと織りたい!」
「織物ってどうやって出来るのかわかった」
とうれしいコメントを沢山いただきました。



今年も99人全員が完成させて大成功!
あと2人は体調が良くなってから竹島へ来てコースターを織ます。


この作品は11月22日に蒲郡市民会館で開かれる
2014全国コットンサミットで展示されますから
みなさん、見に来てくださいね。


広い芝生でお弁当を食べるみなさんです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014全国コットンサミットin蒲郡に向けて新作   TCC竹島クラフトセンター

2014年11月16日 | 全国コットンサミット
2014全国コットンサミットin蒲郡の開催にむけて
参加する私もテキスタイルデザイナーが作った新作として発表するつもりだ。

新作展示予告として今日はその一部分をお見せしよう。



上の写真の製織しているのはツイーンズコットンである。
茶棉や草木染めをした三河綿花を使い羊毛のツイード思わす織物を完成した。



11月22日に蒲郡市民会館において竹島クラフトセンターの
[三河木綿の手織り体験コーナー]でお披露目するので興味のある方は
必見の価値がありますよ。



三河綿花の茶棉と三河地棉を蒲郡みかん染めにした糸を使って
千鳥格子柄を織ってみました。
茶色の部分が茶棉を使い黄色い部分はみかん染めである。



この作品は茶の部分は茶棉を使い、グランド部分はヤシャブシなどを草木染めに
染めた糸を使っています。

羊毛ツイード作品と間違える生徒がいて楽しい製作である。
製作秘密がバレても良い作品を10点ほど展示します。
本邦初公開ですから是非見に来てください。

発想から3年、完成までに1年かかりましたが全国コットンサミットの
竹島クラフトセンターが贈るサプライズになれば嬉しいです。

今は綿まみれのTCCの主人です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国コットンサミットin蒲郡の[綿の輪をひろげよう]作品を作る

2014年11月15日 | 全国コットンサミット
ただいま第4回全国コットンサミットin蒲郡に展示される
コットンプロジェクト市民の栽培した綿花を糸にして織物にする
[綿の輪を広げよう]の作品制作に1人の男の子が機織りにやって来た。



先日市民会館で綿の糸づくりをした糸を機織りにするのだ。
自ら育てた棉を今日は織機で織込むという全国でも珍しい授業である。

そして、この作品を11月22日に開かれる
[2014全国コットンサミットin蒲郡]の会場で展示されるのです。



「完成おめでとうございます」

作品は展示されてからお返しすることになっています。
みなさん、見に来てください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国コットンサミットin蒲郡の参加者が綿繰り作業にやってきた

2014年11月10日 | 全国コットンサミット
竹島クラフトセンターへ行くと綿繰り作業をしている親子がいた
聞いてみると全国コットンサミットin蒲郡で市民が参加する
[みんなで育てよう三河木綿]の親子さんでした。



沢山育てた棉の種取り作業(棉繰り)にご来店下さいました。
キーコ、キーコと音を立てながら一生懸命の作業です。
夏の間育てた棉を慈しむように種を取っていました。

全国コットンサミットin蒲郡に展示するコースターは先日
市民会館で作ってあるから今度は何に使うのかな?

物つくりが好きだそうですから、クッションやぬいぐるみの
綿に使うのかもしれません。


竹島クラフトセンターも全国コットンサミットin蒲郡の市民会館
で発表する三河木綿の新作[ツイーンズコットン]の製作に忙しいです。



11月22日に新作[ツイーンズコットン・ミカワ]を見に来て下さい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酸欠を感じた東京だった    竹島クラフトセンター■TAKE-LOG■ブログ

2014年09月18日 | 全国コットンサミット
今日は11月22日に蒲郡市民会館で開催される[ 2014・全国コットンサミットin蒲郡]
の用件で霞が関の経済産業省に行った帰りに青山から渋谷駅まで歩いた。

毎月1回は来ていた青山界隈であるが、今日は十数年ぶりかの東京の町を散歩気分で歩いてみた。

青山から原宿表参道を横目に見ながら渋谷駅の交差点に出て突然人の波に出くわした。



まるでヌーの突進を見た想いで思わずカメラを取り出したと同時に酸素欠乏の目眩を感じた。



考えてみれば私の生活の場である竹島海岸の自然感覚では考えられない
猛烈な人間の群れによる圧迫感であった。

俺も もう歳だな…。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加