TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

三河木綿の綿から糸を作り機織りをしました

2017年05月22日 | 三河木綿の手織り体験
5月21日は竹島弁天てづくり市であった。
午後に元気な3人の兄妹が三河木綿のコースターのフルコースを
予約して下さったご一家の手織り体験である。



最初は種付きの綿の種取り作業から始まった。
「あれ、なぜなぜ?種が取れるんだろう」
子供達は不思議の事態に敏感でストレートに表現してくれる



「こっちに綿が出てきてるよ」
「そうなんだ、種があるうちは棉だが、種が取れると綿に変わるんだ」
「ふーん字が変わるんだね」

そあと弓の登場で綿打ちが始まった。

そして次に糸作りの作業だある、糸車の登場でまた興奮が高まる
「これ、さっきやってるところを見たよ」



大きい車一回転すると、ツモという針の先が40回も回って
撚りのエネルギーが綿に伝わって引くと糸に変わるんだ



「私もやりたい」
というわけで妹さんも挑戦して糸を紡ぎました。
「糸が出来てるよ」
「不思議だね」



みなさん一生懸命ですごいフォームで紡いでいます
格好はイマイチでも素晴らしい糸が紡げましたよ、

そして出来た糸をシャトルに巻き取ると手織りが始まりました。



お兄さんたちに負けずに妹さんも織っています。
「これ見て、良いでしょう」
「あーら、素晴らしく綺麗ですね」



お兄さんたちも一生懸命です
「これは面白い、やってよかった」
「綺麗に織れるから楽しいよ」

そして、難しい房作りを全員やり遂げてコースターの完成である



「できたー」
「やったー」
と完成の喜びの歓声が上がります

おめでとうございます




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の手織り体験 (マスクでゴメンなさい)

2017年05月21日 | 三河木綿の手織り体験
「ゴメンください、三河木綿のコースターを作る体験をしたいんですが」
と、一人の女性が手織り体験の申し込みです。

早速色糸を決めてももらって空いた織機に座って手織りが始まります。



スタッフから織物の原理と織機の扱いを教わりながら手織りが進みます。
少し余裕が出来てきてピースサインをいただきました。


外は竹島弁天てづくり市が開かれて芝生広場は来場者で賑わっています。
外の来場者が多い時は見物人も多く時には動物園のアイドル状態も出現します。



そんな環境の中で黙々と織る様子を見てきっとてづくりが
大好きな人なんだなと思いました。
やがて房作りも終わりコースターが完成すると
「わー、出来て嬉しい」
と喜びの声が上がりました。



人の声やスピーカーの音の騒音を子守唄に聞きながらの作業だが
いつもイベントで思うのは手づくり市なのに音楽が必要なのか?、と思う、

森の静けさを大切に音楽がない会場もある、
ここでも、波の音と吹く風を感じながら静かなクラフトが出来ないものかと思うが、

私も動画作りでバックミュージックを入れてしまうが、考えものだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと一人の少女が体験に来てくれた  竹島弁天てづくり市

2017年05月20日 | 竹島弁天てづくり市
今日は竹島弁天てづくり市です。
昨日からの準備で疲れた身体であったが、
こうしたイベントは人身事故、食中毒等、があれば一発で消滅する、
お客様を迎える為に事故の無いように気を引き締めて搬入口についた。

竹島クラフトセンターは朝からの入場者は意外に少なく心配したが
午後になってやっと一人の少女が体験者に来てくれました。



スタッフの案内で織機に座って手織り体験が始まりました。
ご自分で選んだ色糸が通り筬を打ち込む毎に織物が現れてきます。

物造りの醍醐味は何も無いところから自分の手で一つのものが現れて来て
それが人の心を癒したり命を救ったりする事である。

今も少女は自分の手から一つの物が生まれる醍醐味を味わっている



少女は静かに黙々と織り続けて、コースターの全体が現れて来ると
満足げにコースターを眺める瞳が印象的である、

さすがに最後の房作りの場面では疲れた様子でしたが
完成したコースターを掲げての記念写真では



ご覧の通りカメラに向かって満足げに笑顔をくれました。
おめでとうございます。

本日は一人の少女の体験者があって胸をなでおろしました。


出展作家さんの中には遠い地方からの人もいます
必ず売れるとは限らないのですが、
それでも竹島に参加する夢を持って参加してくれています。

いつも思うことであるが、食のブースの長い列を見るたびに
本当の手作りクラフト展の意味を考えてしまうのである。

純粋の手作りクラフト主義者の私としては主役は誰なんだと思う、
主催者側の売り上げ主義や商業主義にとらわれることなく
クラフト展の本来の意味を考えてみたいと思っている。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は新作のお披露目       竹島クラフトセンター

2017年05月19日 | TCC手織り教室・作品
今日の竹島クラフトセンターでは二つの新作が登場していた



この作品は作者の広浦さんが畑で栽培した和棉を臥雲辰致の
紡績機(ガラ紡機)で紡いだ糸を撚糸した糸を使用しています。



茶色の糸は茶綿のガラ紡糸で茶の淡色は茶綿と白綿をブレンドした
竹島クラフトセンターのツイーンズコットン糸を作りました。



オフホワイトも茶綿も自然な色合いは手作りならではの
優しい作品になっています。
頬ずりしたくなるような作品です。



次は田中さんの作品の登場です
竹島クラフトセンターの紡績撚糸した糸を使ってギンガムチェック柄を織りました。







田中さんは今日から次の千鳥格子の整経に入りました。
手織り作業の手順等の模様はyou tube動画で紹介していきます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の1日 私は手織り体験でした   竹島クラフトセンター

2017年05月14日 | 三河木綿の手織り体験
竹島海岸は潮干狩り客で大賑わいの今日
竹島クラフトセンターに二人の女性が手織り体験にやってきた

潮干狩りの日は駐車場は満杯になるために手織り体験のお客様は
少ない中を体験に来てくれたお客様です。



早速お好きなカラーの糸を選んでいただき機織りがスタートしました
スタッフの織物の話と織機の仕組みを教わりながら授業は進みます

筬とソーコーの機能を持つへドルの板を上げ下げすると
経て糸が上がったり下がったり間をシャトルに巻いた緯糸が通過すると
経糸に抱きかかえられるように織り込まれるのです。



上下を間違えることなく凄く正確におり進め綺麗な織物が織れてきました。
「織物って楽しいです」
「凄く手際の良い織り方で綺麗に織れていますよ」

日頃から手際の良さは一つの才能だと思っているので目の前で綺麗な
織り方を見て才能を感じていました。



教えられることを忠実に実行出来て応用できることは
素晴らしいことだと思います。
最後の房作りも見事な手つきでスムーズに仕上げています
無理なく流れるような作業を見ているのは気持ちが良いものです。



そして、見事なコースターが織り上がりました。
両脇の耳のところが見事な直線を作っていました

おめでとうございます。



今日の竹島海岸 2017/05/14 をyoutubeに投稿しましたのでご覧下さい。
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/epnuaFHDv60?ecver=1" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三河木綿で結婚式のメモリアルフレームを作ったお二人

2017年05月12日 | 三河木綿の手織り体験

(三河木綿のメモリアルフレーム、藍染の綿と茶綿と白綿を使用しています)

今年の1月末に東京から
”自分達の手で作ったメモリアルフレームで結婚式を飾りたい”

”綿婚式を三河木綿で記念したいと手織り体験”
のカップルの投稿を見て、

私たちもクラフトセンターに相談してみようと
いうことになり、







棉から布を織りまでを二人でやり遂げたいと
棉を摘み、綿繰り、綿打ち、手紡ぎ、手織りと
途方も無い事を蒲郡で泊まり込みで成し遂げて

めでたくゴールインをしてメモリアルフレームで結婚式を
飾ることができたお礼の報告がありました。

その時の投稿を当ブログで読んだ人もいるので嬉しい御報告いたします。



おめでとうございます。

三河木綿の里帰りをお待ちしていますよ、
また蒲郡竹島へ来てください。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コースターを織ったら交換するんです   竹島クラフトセンター

2017年05月12日 | 三河木綿の手織り体験
「手織り体験をしたんですが出来ますか」
と一組のカップルが手織り体験の申し込みです。



早速お好みの色糸を選んで手織り体験が始まりました
スタッフの説明を受けながら織物の原理と織機の操作を
学んでいきます。
「このソーコーを上げ下げすると経糸の奇数と偶数の糸が
 上がったり下がったりします」
へドルの仕組みに興味深々でした。



「あれ、男用と女用と色が反対のような気がしますが」
と尋ねると
「私の織ったものはこの人に」
「僕が織ったのは彼女に」
ということで私は納得と同時に痛く感動しました。



「手織りは面白いぞ、これは良い」
「これはみんなやるべきだ」
と嬉しいコメントいただきまたまた感動でした。

仲良しカップルの手織り体験も最後の房作りになっても
二人共器用にクリアーしてコースターが完成しました



彼が彼女の為のコースターを彼女は彼のコースターを織り上げました。

ジョークの連発で楽しいお二人の手織り体験でした。

おめでとうございます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三河木綿のフルコース体験をしました      竹島クラフトセンター

2017年05月08日 | 三河木綿の手織り体験
綿には種がある
植物だから棉の字はと書く



綿繰り機という機械を使って種を取ると
綿という字に変わる
種がこっちで綿がこっちだ
江戸時代に作られた機械なのにとても不思議

その綿を弓を使って綿を打つ
あーら不思議だ
ふあふあになって来た

次に出てきた機械が糸紡ぎの車



ハンドルを回すと糸車が回る



ふあふあの綿が紡ぎ車によって糸になっていく
不思議なことが目の前でおきる

作った糸をコースターに織り込む



織れるかしら
大丈夫です と先生は言う
心配だわ

先生の言われたことを守りながら
織機で織ると
出来る 出来る
織物が出来てきた



これが私のコースターだ
糸車で紡いだ糸も織り込んだ
やれば出来るんだわ、



綺麗だわ
みんなのコースターも綺麗に出来た
織物って楽しい
やって良かった。

おめでとうございます。
蒲郡へまた来たいですの言葉が
一番嬉しい







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少女の機織り        竹島クラフトセンター

2017年05月08日 | 三河木綿の手織り体験
春の休みの1日
私 手織りをした

春の陽光の中で



機を織るのは初めて
難しいのかな
少し心配

なんだかドキドキ

一本通したら
これを上げて と
トントン

一本通して
次は下げて と
トントン



出来てくると嬉しくなる
なんだか笑けてくる

もう直ぐ終わるのかな
終わりたくない

このままずーっとつづけたい

はーい完成です

とおじいさんが言った
終わりたくない

綺麗なコースターができたから
嬉しいけど
楽しいから終わりたくない

おめでとうございます

と、ヒゲの先生が言った。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お父さんと手織りに来ました     竹島クラフトセンター

2017年05月08日 | 三河木綿の手織り体験
「すみません、手織り体験はできますか」
親子で手織り体験をする

「出来ますよー」

と奥の方からおじいさん



私は 色糸を決めて織機に座り
機織り開始

外は暖かな陽気で眠くなる程



お父様も参加して
仲良く三河木綿の手織り

目の前に広々した芝生
気持ちのよい風が抜け
良い気持ち



お父様と一緒に機織りの思い出
なんという優しい光景

トントン、
筬打つ音
シューツ、
糸が通る音



悪いところは綺麗にしよう
糸をほどいて
また織り直す

トントン
シュー
トントン

糸の積み重ねが物を生み
今私の織物が出来てくる



そーら、出来たぞ

おじいさん先生は言った

こっちは誰かの?
こっちはお父様にあげる

出来たー、綺麗なコースター
可愛く出来て嬉しいです

おめでとうございます



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒲郡、TCC・竹島クラフトセンターへのご案内

2017年05月08日 | 竹島観光と写真散歩

 ↑(地図)この文字をクリックするか左上のレバーで拡大してください。

この地図は 愛知県蒲郡市竹島町2 を表示しています

(スマートフォンの方は地図をタッチして住所から検索してください)

                

 

みなさんようこそ蒲郡市へおいでくださいました。 

ではご案内をさせていただきます。

 東名高速道路[音羽蒲郡]インターを出て

(料金所を出たら右側車線をとると良いです、そのあと国道1号の交差点手前では真ん中の車線に入ってください)

国道1号線を横切り直進南下してください。
するとトンネルを2つ通過します。

”トンネルを抜けるとそこはミカン畑だった。”

この道路はオレンジロードと申しますゥ~
ここ蒲郡は全国でも有数なミカン産地でございます。
道は下り坂ですから、スピードの出し過ぎににご注意下さい。
私もここで捕まっております。

(急ぎ旅でござんす、なんて旅の途中でネズミ捕りじゃ
楽しい蒲郡観光で土産も買えなくなっちゃうよオ~)

そのまま海に向かって真っ直ぐ走りますと、着いたところが竹島遊園です。

昔の鉄道唱歌って知ってます?その中に
海の眺めはがまごおりィ~
ここは写真のように美しい竹島海岸でございますゥ



竹島海岸には、俊成苑という広大な芝生広場も
オープンしました。

俊成苑には竹島クラフトセンターがオープンして
三河木綿の手織体験が出来ちゃうよ。

手織作品はお持ち帰りが出来るので[竹島のお土産]になるよ。

手作り作品の土産が買えちゃう”てま”も店内あるから
寄ってみると良いよ。

江戸時代の手織り織機も展示されていて、鶴の恩返し気分で
記念撮影も良い思い出になりそう!

美しい竹島を眺めながら癒しの一時を過ごせる
[ホテル竹島]や[蒲郡クラシックホテル]などもございます。

そして子供達も喜ぶ[竹島水族館]では三河湾の海の
生き物達を観察できます


(これは黒ナマコ)

波穏やかな竹島をゆっくり散策すると足元の岩陰の潮溜まりには
小さな生き物の世界をのぞき見ることも出来ます。

竹島散策の後は[竹島パルク]でお買い物も楽しいよ。


ここ蒲郡は織物産地だって知ってました?
そうなんですよオ~!
ミカンと並んで全国有数な綿織物産地です。

ここ三河が日本に初めて棉が渡来した所なんですよー!
799年にコンロン人が壺の中に棉の種を持って漂着したんだって

崑崙人って何だ?
そんな国あるの?(あるわけないじゃん!)



それを知りたい人は芝生広場にある[竹島クラフトセンター]の主人が
昔ながらの手紡ぎや手織体験をしながら教えてくれるよ!(ご機嫌がよければネ)



手織り体験でアーッくたびれたアーって言う人は
ホテルの温泉にゆっくり浸かって無事にお帰り下さい。

アッ言うの忘れた!、恋人同士の人は竹島では仲良くしないほうが良いんだって!
(誰かがやきもち妬くとか言ってたなアー)

竹島弁天だから?・・・・・




                                    

 

        

竹島クラフトセンターの手織り体験した作品はお持ち帰りできます。

手織体験をご希望の方は手織り機の準備を整えてお待ちします。
いつでも体験は出来ますが、予約のお客様ある時や、先客様が使用時はお待ちいただく事に
なります。 営業時間は午前10時~午後4時30分までですが、 手織り体験の申し込みは午後4時で締め切らせていただきます。



☆手織り体験・コースター・・・・・・・800円 (所要時間約30分~45分)

 

☆1200年の伝統、三河木綿を手紡ぎ体験した糸を織り込む、三河木綿のフルコースでコースターを織ってみよう・・・・1200円(所要時間約1時間)


☆手織り体験・ランチョンマット・・・3000円 (所要時間約3時間)




                            

☆手織り教室、初心者10回コース(1回3時間、合計30時間) 
☆手織り教室、初級コース・中級コース、上級コース、(入会金無料) 常時 生徒募集中!

(日程:時間は自由に設定できますのでご相談下さい)
 

TCC・竹島クラフトセンター
蒲郡市竹島町2 竹島園地レストハウス内
電話 090-5100-8109 (予約Cメールでも)
     
ブログ http://biog.goo.ne.jp/tcc-suzuki


[■TAKE-LOG■竹ログ■]か、[竹島クラフトセンター]で検索して下さい)


                           

毎週・火 水曜日と年末年始。
毎月29,30,31日は織機の準備で休業です。

くらふとフエアー蒲郡・蒲郡市手織り教室・蒲郡まつり・森の文化祭・
蒲郡市命の海科学館・彩まち竹島手づくり市、学校施設の手織り教室 、
等イベント・教室開催のため、臨時休業があります。
 




TCC・竹島クラフトセンターの関連企業
英会話教室の[1ステップ], 岡崎市六名町岡崎体育館前
電話:0564-71-1797
ホームページも見てね!
http://www.1ststep.me.com

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

一人静かに手織りを楽しみました      竹島クラフトセンター

2017年05月08日 | 三河木綿の手織り体験
外は大型連休で雑踏のような芝生広場です。竹島橋も人の列が絶えることが無いが
竹島クラフトセンター内は静かで観光客が手織り体験を楽しんでいます。

そんな中に一人で手織り体験を楽しんでいる女性がいました。



織機の織る音だけが響く教室内はそれぞれ自分の作品作りに
没頭する体験者の姿がありました。

「一度手織りがしたくて」
と、以前からやってみたかった織物が自分の手で織っています。

「手織りは楽しいですね」
「また来てやりたいです」



手織り体験コースターのスタンダードコースは
大人で約30分間で織り上げることができました。

出来上がったコースターを掲げて記念撮影です。
おめでとうございます。


女性はやってみたかったことの筆頭に手織りを挙げる人が多いです
ところが実際に体験できるところが少ないのです。

ここ蒲郡市は三河木綿の織物産地です。 
地元物産の織物を知ってもらい体験してもらうために
竹島クラフトセンターは観光客の体験施設として開いています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕はお母さんと一緒に織りました    竹島クラフトセンター

2017年05月07日 | 三河木綿の手織り体験
大型連休に入って体験者が増えています。
今日も手織り体験に来てくれた少年とお母さんを紹介します。



「手織り体験をしたいんです」
もの作り大好き少年です

はじめはスタッフから指導を受けてスタートしましたが
すぐ自分で織り始めました。



お母さんは少年とは少し離れた織機で織っています
帽子がお似合いの綺麗で楽しいお母さんです。

「手織りは楽しいですね」
「綺麗に出来て嬉しい」
と手織りに熱中です。



「ものつくりが好きで、旅行に行ったら体験できるところを探します」
と言うだけに手際の良い機織りです。

最近は観光地の地元産業などの体験観光が盛んなって
竹島クラフトセンターの三河木綿の手織り体験も予約が増えています。

やがて少年のコースターが出来上がりました。
最後の房作りもクリアーして見事な出来栄えで100点満点



遅れて始まったお母さんですが続いて完成しました。
おめでとうございます。
「楽しかったです」
「ありがとうございました」

と、嬉しいコメントをいただきました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご夫婦で手織体験をしました      竹島クラフトセンター

2017年05月07日 | 三河木綿の手織り体験
連休に入って手織り体験の申し込みが沢山あって嬉しい悲鳴です。
大人も子供も手織りに挑戦する気持ちは同じで、
初めての人は緊張しながらの申し込みです。

今日もご夫婦が手織体験の申し込みです。



「織物は初めてなので できるかな」
「大丈夫です誰でも織れますから」

スタッフから織物の原理と織機の操作を一通り学ぶと
体験者は一人で織り始めます。

手織は同じ繰り返しが続きます。
その単純な繰り返しが人の心に何かが作用するするのでしょう
織りに熱中して陶酔した感覚を覚えることがあります。

ふと気がつくと時間の経過を忘れているのです。

「素晴らしいく綺麗に織れてるよ」



「あなたのも凄く綺麗で丈夫そうに出来てるわ」

出来上がったコースターを見せ合ってお互いに健闘をたたえ合う笑顔は格別でした。

コースターの完成 おめでとうございます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姉妹でコースターを織りました

2017年05月07日 | 三河木綿の手織り体験
「手織り体験がしたいんですが出来ますか」
とお母様と一緒に2人の女の子が手織り体験の申し込みです。

「好きな色糸を選んでください」
「シャトルに糸を巻きつけてください」
初めての手織りなのに次々と指示されて戸惑いながら
空いている織機に座って機織りが始まりました。



妹さんはスタッフの手助けを受けてスタートしましたが
少し経つと自分で織り始めました。

さすがにお姉さんは飲み込みが早く凄く上手に織っています
時々、妹さんの事を心配しながら織っています。



外の竣成苑は子供の姿が多く家族連れの楽しい声がしています
子供が少ない日本とは思えない光景が竹島では見られています。

「はい、次は糸を紺色に替えましょう」
手織り体験も終盤になって少し疲れて来ましたが頑張って織っています。



「できたー!」
完成の喜びの声が上がります。
「凄い、綺麗にできたわね」
とお母さんも駆け寄ってコースターを見て感心しています。

最後に二人揃ってコースターの金メタルを見せて記念撮影です。
おめでとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加