流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

流体粒子シミュレーションの研究初歩

2016年12月28日 | 未来製品設計

流体粒子シミュレーションの研究で初歩段階のものです。

次は、上から落ちてきた流体の水滴にあたる粒子がどのように水車的なものに力を伝えるのか見ています。

次は水路中に簡単な水車を設置した場合に水車羽根が流体粒子の流れから受ける力や流れの乱れを粒子を使いシミュレーションしてみたものです。

<今日の流れ>

今日は今年最後の業務日であり、この1年間会社の社員のみんなの力でなんとかやって来れたことを感謝し、来年もマイペースで順調に過ごしたいと願っています。

ただ、来年は自分が還暦を迎え、まさに生まれ変わる年なので、年齢に応じた無理をしない着実な会社業務の遂行と、更なる新しいことへの広い挑戦を行ってみるつもりです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 薄型ロボット掃除機開発のベ... | トップ | 特殊なタービン装置の設計 »