流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

燃料デブリを切削して吸引するための燃料デブリ用ターボドリル2号機の設計

2017年07月27日 | 未来製品設計

燃料デブリを切削して吸引するためのターボドリル2号機の設計です。

燃料デブリ切削吸引用ターボドリル初号機の燃料デブリ切削粉を吸引する軸流ポンプの出口形状を変更したものが、この2号機です。

次の図に各部の名前を書いています。機械としての構成要素は少ないので、耐久性も高く、故障率も少なくなります。

<今日の流れ>

自分は構想設計や見積検討などが今日の中心作業です。

6名の女性エンジニアは、フランシス水車設計、ターボドリル設計、水中推進機設計、高速ブロワ設計、クロスフロー水車設計、ロボットアーム設計と各担当を進めてもらっています。

女性エンジニア皆の作業の全体進捗状況は予定より速く順調に推移しています。

自分の作業進捗は遅れ気味なので反省です。

<今後の流れ>

夏から秋にかけてはドローンの開発設計が活発化すると思われます。

発電所用タービン設計も今年後半は忙しいでしょう。

ターボ機械の高効率化設計も何かとあると思われます。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 強力送風多段遠心ブロワー型... | トップ | 燃料デブリ流体移送パイプ4本... »