流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

落差40m・水量毎秒0.55m3のフランシス水車の組図

2017年03月06日 | 自然エネルギー

有効落差40mで水量毎秒0.55m3のフランシス水車の組図です。

水車出力は、設計点効率が90%以上あり、195KWを出力します。

次は外形寸法図で、全体の大きさや他設備との取り合い部寸法、据え付け時必要寸法が明示されています。

次図は、各部詳細図、可動部機構図、部品説明図、部品表とフランシス水車の全体構造を詳しく説明しているものです。

<今日の流れ>

今日は、設計データ・解析データなどの修正や追加を主にやっています。

報告書の修正・追加は主に自分がやっていますが、設計データ・解析データの修正・追加は担当者が素晴らしく速く行ってくれています。

皆の作業の速さに感謝です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 軽量化と高強度を追求した直... | トップ | 高比速度フランシス水車の流... »