流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

タービンパンク世界観でのプロペラ水車発電機の設計

2017年06月10日 | タービンパンク

タービン機械が発達した近未来世界を示す自分の造語であるタービンパンク世界観において、水力タービンの例として次のようなプロペラ水車発電機を設計してみました。

この設計のベース機種は先日載せた47KWのプロペラ水車発電機であり、それを鋳造部品を多用した設計に変更してみました。

この姿を見るとなかなかにタービンパンク世界でのタービンらしい形状と色使いになったと考えています。

主に鋳造化した部品は、入口管・上部吸出し管・下部吸出し管となっています。

このプロペラ水車発電機は元々、ガイドベーン部とランナベーン部が鋳造品なので水力タービン本体はタービンパンク化し易かったと言えます。

<今日の流れ>

今日は家に篭もって仕事をしています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« スケルトンメカ ロボット掃... | トップ | 自社用設計ツールのプログラ... »